BLOG

好きなことを仕事にした方がお金持ちになれる?

色々な方が好きなことを仕事にした方がいいと、背中を後押しする起業本があふれています。これはある意味正しいですし、人によっては必ずしもそうとは言えないこともあります。精神衛生上好きを仕事にした方がいいに決まっています。嫌いなことを仕事にしても正直身が入りません。

 

しかし、ここで好きを仕事にしたらお金持ちになれるか、ということになると必ずしもそうとは言えなくなります。例えばあなたが野球選手に憧れるとしましょう。日本のプロ野球で活躍できる選手は一握りです。それは才能や努力、そして運に左右されます。才能がなければどうにもなりません。でも好きだったらどうでしょう。社会人野球、独立リーグ、それでもダメな場合はたくさんありますよね。では野球に携われる仕事なら何でもいい、野球チームの広告協賛営業は。用具係は。そもそも好きを仕事にしたら、お金持ちになれないとわかりますよね。

 

野球とかサッカーとかは話が大きすぎる。では身近な飲食店はどうでしょう。料理を作るのが好きだから飲食店を始めました。流行店になればいいですが、ならなかったらどうしますか。そもそも飲食店を始めたら調理だけやっていればいいというわけではありません。店のマネジメントをしていかなければなりませんし、集客も必要です。飲食店経営が好きならまだしも、調理が好きなだけでは到底お金持ちになれません。

 

もちろん好きでもないことを仕事にした場合には、何でもかんでも途中で嫌になっていきます。物事はすべて順調というわけにはいきませんから、ちょっとしたダメなことがあると、気合が乗らない、改善しようとも思わない、対応も適当になる。心のどこかで、別に好きでもないからと言い訳が始まります。好きでもないことは続かなかったり、身に入らなかったり、そもそも全身全霊で仕事に取り掛かれるということがなくなるので、平凡に終わることは確かでしょう。それゆえ自分の好きなことをやれば、成功する確率は非常に高くなると思われます。

 

流行する店に言えることは、ものすごくこだわりがあります。何を聞いても答えてくれますし、お客を騙して売ってやろうという気にならない人が多いと思います。販売をしている人がその商品やサービスを好きだからです。ですから、その商品を追い求めてくれる人を、自分の理解者だと思って、好きになってしまいます。同じ趣味の人を騙せませんよね。

 

こだわりがあり、徹底していることは、それをやっている人が好きだからで、お客にだってわかります。好きでやっている人の店と、いやいやながらやっている人のどちらの店を選ぶかといったら、好きでやっている人の店を自然と選んでしまうものです。むすっとしているより、笑顔が絶えない店の方がいいですしね。中には不愛想対応の方が職人っぽくていい店もありますが、こだわりがある店であれば、お客はわかります。

 

不安定ではあるけれど好きなことを夢として追いかける人生、あるいは好きなものをあきらめて安定を選び、退屈な刑務所にいるような人生、どちらが幸せかというと結論は見えていますね。

関連記事一覧