BLOG

今やっていることを好きに変えるが一番

どうすれば収入を増やすことができるのか。それは資格を取って、転職してとか言っている奴は永遠に収入が微々たるものしか増えない典型例ですが、まずは自分のビジネスを持つことと言えるでしょう。究極は起業しろとの一言に尽きますが、そうは言っても、、、という方も多くいらっしゃるでしょうから、まずは自分の得意技を持つことと言い換えても良いでしょう。わかりやすく言うと手に職を持つ、ことになります。今関わっている仕事、勤めている会社で、ですが、それにあなたらしい何かを加えてみるのです。もちろん資格を取って、その資格を使って、あなたらしいやり方をしてみる、でもいいでしょう。最初は会社の看板でしかなかったでしょうが、意識して自分らしさを追求していけば、そのうちあなたの看板になっていきます。そうなったときに独立して起業でも決して遅くはありません。会社でセミナー講師になって、実績を積み、名前が売れたら、独立するような感じです。最初は会社のネームバリューでお客は来るのですが、そのうち、あなたの話を聞きにやってくる、こうなればしめたものです。

 

いずれにしても独立起業しなければ、いつまでたっても会社に利益が入る仕組みのままですから、勤めている会社を潤しているだけで、自分は潤いません。自分の頑張りが他人の懐に入ると思った瞬間に、やる気すら失せてきます。自分の頑張りがなるべく自分の懐にということであれば、起業して社長をするしかありません。

 

さて、そうは言っても起業ならば何でもいいわけではありません。順調に言っている方は次のような特色を持っていると思います。

 

  • 好きな仕事をする
  • そのビジネスで成功に必要なことは全て学んでから全力で取り掛かる
  • 最初は小さくスタートし、短期間で大きくしようとは考えない
  • 儲かる仕組みを意識して構築する
  • 自分がいなくても回る仕組みを作る

 

好きなことをしないとパワーは出ません。しかし好きなことを見つけて起業するのはあまり良いこととは思いません。経験則上、そもそも好きなことはやってみなければわからないのです。好きなことであれば、一切の妥協を許さなくなりますし、好きであるがゆえに、ちょっと違和感を感じると一気に好きでもなくなってしまいます。自分の場合はたまたまかもしれませんが、好きだと思っていたことは、あまりお金にならないことが多くて、断念した記憶があります。

 

そんなことよりも、今やっていることを自分の好きに変えてしまうのが一番だと思います。見方が変われば案外好きになるもんですよ。たまに、あなたの好みって何ですか、と聞くと、付き合った人です。というアレですね。そういう思考にはかないません。今やっていることを好きにする工夫、限界があるかもしれませんが、そこにこそ、成功するビジネスが転がっていると思います。だいたいどんなことが好きかなんてわかりませんよ。自分にあっているモノが結局自分の好きなことになると思います。それやっているとラクだというか。肩ひじ張らないものですね。しかもそれは自分が気づくことではなく、他人が気づかせてくれるものでもあったりします。

 

自分が好きだと思い込んでいるものは、やってみると案外好きでもない、そういう考え方をもって、一度好きなこととは何かを見つめなおしてください。

関連記事一覧