BLOG

自分に一番大切にしているものを考え直すことで、本当の成功が生まれる。

自分が一番大切にしているものは何でしょうか。家族、プライベート、お金、仕事。その人の価値観で色々とあるでしょう。

 

家族を中心とすると、子供がいるいないでもまた異なります。子供がいた場合、子供の成長や育成に関心を持つでしょう。しかしその成長が親の期待に応えることになると厄介です。子供に対する期待で、子供が押しつぶされてしまうかもしれません。子供は親に生活を依存するものですが、逆に親が子供に期待という依存をしてしまうのです。

 

お金を稼ぐことも中心になりがちです。我々は生きていくからには経済的な安定が必要です。全く無報酬では仕事を続けられません。生活するための糧、という意味ではお金は生命の維持に必要不可欠なものです。生活の安全が妨げられていては、他の欲求には目が行きません。

 

多くの人は、経済的な不安や心配に直面します。社会の変化によって、私たちの経済状況が影響を受け、生活の安定が保たれないこともあります。お金を稼ぐことには、生活の維持だけでなく、より高度な動機もあります。子供を少しでも良い大学へ上げたい、寄付をするために稼ぐ、そういうことだってあるでしょう。しかし多く稼ぎたいだけ、資産を多く持ちたいだけのようになってしまうと、人間関係に摩擦を生じることもあります。

 

お金自体は利子を生みますし、資産はキャピタルゲインをもたらします(逆に損失もあります)。しかしお金を何らかの犠牲のもとに生み出すことになると、非常に厄介です。また、資産の評価額と自分の自尊心が比例していると、これもあまりよくない方向へ進みます。特にお金を生活の中心に置いてしまうと、家族などの大切なことを後回しにしがちです。

 

ある社長さんが、親の看病が必要になった時に、仕事なんて、また始めればいい、自分にとっての親は、一人しかいない(その時すでに母親は他界していたそうですので、父親しかいないという意味です)といって、看病が必要になった時には、仕事を全部やめたと言います。この方はご自分で起業する能力のある方ですから、サラリーマンであれば、どうしても介護の期間は、無職と言う扱いになりますし、難しいです。しかし家族を大切にするという決断をすることは素晴らしいことです。

 

お金とも被りますが、仕事を中心にしてしまうと、自分の健康や人間関係ですらも全て犠牲にしてしまいます。特に経歴や資格のようなものが絡んでくると、自尊心とも関係しますから、仕事を妨げる出来事は、自分の安定性を揺るがします。

 

プライベートを中心にする人は、いわゆる遊びや楽しみを中心にする人です。心身に休息を与え、プライベートの中には家族や友人等との信頼関係をはぐぐむ時間も含まれていれば、非常に有意義なのですが、ギャンブル等のような、純粋な遊びですと、度を過ぎると厄介なことになります。のめりこんでしまって、その他のことを犠牲にしてしまいますから。

 

何を中心に置くか、と共に、それぞれをバランスよくというのが良い人生なのだと思います。

関連記事一覧