BLOG

信頼関係を築くためには、自己主張よりも相手を理解する方が先決

相手を理解するのは、定期的に食事に行くのもよいでしょう。これが家族や友人であれば、両方が楽しめる活動を計画したりするのです。そしてお互いの話を聞いて理解しようとします。さらに相手の目を通して、相手の人生を見つめます。

 

相手と過ごす時間を通して、お互いを理解しようとするだけでなく、効果的なコミュニケーションが図れるように、感情スキルのスキルも高めていきましょう。

 

様々な状況に対するモノの見方や意見の違いを分かち合って、人間関係の問題解決をロールプレイで試してみます。つまり相手の立場をわざわざ演じてみるのです。相手にも自分の立場を演じてもらいます。

 

そして常に相手に対して、模範を示せるように自分たちを訓練していきます。そしてその状況を細かくイメージします。上手く対処ができなかった問題について、ロールプレイを行って考えることは、非常に有意義です。

 

大切に思う人々を深く理解するために投資する時間は、開かれたコミュニケーションという形で大きな配当をもたらすでしょう。そうしてお互いに降りかかってくる問題の多くが、悪化し、大きくなる前に止めることができます。コミュニケーションが円滑にとれていれば、問題は発生段階で解決することができます。そうして、出てくる問題に対応するだけの信頼関係を構築することができるのです。

 

会社でも部下、従業員、同僚と一対一の時間を持つ場を作りましょう。彼らの話を聞き、理解します。顧客や仕入れ先等、利害関係者間での正確なフィードバックを求めることもできるでしょう。これによって人を大切にするようにしましょう。人の秘める大きな力を引き出すことで、大きな時間やエネルギー、お金を節約することができます。これによってスタッフに対して安心できる環境を整え、仕事の拘束時間をはるかに上回る忠誠心を育成することができます。

 

まずは相手を理解することから始めましょう。問題が起こる前に、評価する前に、自分の考えを全面的に打ち出す前に、相手を理解しようとする、これが相互依存の強力なスキルづくりになるのです。

 

真にお互いを深く理解するときに、創造的な解決や第三案の扉が開かれます。お互いの相違点がコミュニケーションや進歩を妨げる障壁にならなくなり、人間関係によるシナジー効果が生まれてくるのです。

関連記事一覧