BLOG

人生100年時代という呪縛から逃れるためにすべきこと

今までは65歳の定年まで一生懸命働けば、その後は退職金と年金で優雅に暮らせる時代でした。ところが年金もだんだんもらえなくなり、定年退職後も働かなければならない時代になりつつあります。働きの担い手が男性中心だった社会から、女性の社会進出、そして定年退職という言葉がなくなる社会。国民総労働者にでもなれば、GDPもそれほど落ちないのではないかとも思えます。

働くということは、確かに苦痛なことも多いですが、社会に貢献している実感が湧くことはそれもまた幸せです。社会に貢献していられなくなったら、寂しいと思いませんか。ある意味一生働かなければならないということは、社会貢献も一生できることを意味しますから、それほど悪いことではないと考えることもできます。

定年があるのは当然ですが会社勤めのサラリーマンだけです。今後、政府の労働規制が定年退職を延長する方向へ向かうと思いますが、法律を作れば解決するというものでもないと思います。年を取ってくると、体力の問題もあり、パフォーマンスは落ちるでしょう。そういう人たちを雇っておけるほど体力のある企業はそれほど多くはありません。そのうち、65歳以上の人材を何割か雇っている会社に減税措置、あるいは何割か雇っていなければ上場できない、政府の入札に参加できない等は十分にあり得るでしょう。ちなみに今でも65歳の定年を引き上げたり、雇ったりすると助成金が受けられます。とはいえ受けられる助成金以上に、雇い入れるコストの方が高いですから、意味がないとは申しませんが、企業にとっての費用対効果は決して高いものではありません。

結論から申し上げますと、人生100年にふさわしい生き方は、起業することです。会社の経営者には定年退職はありません。自分の体力が衰えても、考える能力、判断能力さえ鈍っていなければ、何歳になっても会社の社長ではいられます。もちろんその会社が収益を上げてやり続けていけることが前提となりますが。大抵会社経営で失敗するのは、根本的には売り上げが上がらないことではあるのですが、余分なお金がかかりすぎることです。売り上げと比較して、費用が高いこと。この費用を減らしさえすれば、大抵、起業は継続できます。売り上げに比して高い費用のほとんどが、人件費や地代家賃と言ったところでしょう。あとは設備をかけすぎてしまって、その設備購入のために借りたお金の返済ですね。

細々とでも食べていければいいというのであれば、フリーランスでも十分だと思います。大切なことは、働いている会社から仕事をもらう方法から離脱すればいいだけのことです。場合によっては、働いていた会社から外注先の一つとして仕事をもらっても良いと思います。もちろん労働者として働いていれば、ある程度の給料は保証されていますが、フリーランスになったとたん、定額報酬はあきらめなければなりません。やればやっただけ上がる可能性もありますが、下げられる可能性の方が大きいかもしれません。下げられたら、あなたにはそれだけの価値しかなかったということでしょうから、自分の仕事について考え直す、いいきっかけだと思えばよいでしょう。

細々とやっていく起業であれば思った以上にリスクはないものです。

関連記事一覧