BLOG

ビジネスの根源は農業にあり!その心は?

最古の職業は、傭兵か風俗と言われていますが、これは特殊な例であり、一般人にとっての最初の労働、あるいはビジネスと言い換えてもいいと思われますが、農業ではないかと推測されます。さて農業っておそらく農家の方でなくてもイメージは湧きますよね。土を耕し、春に種や苗を植え、成長を見届け、秋に刈り取る。季節についてはビニールハウスや果物等の種類によって異なりますが、必ず種を植えて、見守って、刈り取らなければなりません。

 

どんなビジネスでも種を撒かなければなりませんし、種を撒いてからすぐ刈り取れるビジネスなんてないのです。数か月で売り上げが急激に増えるということはありません。もしあったらあなたがすごいというよりは運がいいという方が大きいと思います。持っている仮想通貨の価値が激増するような。もちろんその仮想通貨に目をつけられた先見性は見事です。しかし何度も同じように儲かるかと言ったら、再現性のあるものではありません。

 

そのため、人の成長も、ビジネスの成長も、最終的には農業の法則が必ず当てはまることになります。世間の情報商材が言うような、即効性のあるテクニックもないわけではありません。ですが、世の中の一番、成功の根源にあるものは、人とのつながりによってもたらされるものです。その繋がりとは信用です。信用とは会ってすぐに生まれるものでもありません。ある程度時間がかかるものです。

 

自戒の念を込めてですが、中には直感で人を判断し、会った瞬間フィーリングが合って共に仕事を行うケースもありますし、それでうまくいく例がないとも限りませんが、長年やっていると、どうしても良い点の他に悪い点も見えてきます。人の判断も時間をかけなければわからないことの方が多いのです。

 

短期間で利益を上げられものは、短期的なごまかしがききやすいものかもしれません。コモディティでそもそも安いものであれば、試しに買ってみるか、失敗してもたかが知れているし、こういった者には信頼関係はあまりいりません。

 

本来、保険、証券、不動産のような大きな買い物のときには信頼関係が必要なはずなのですが、営業マンのトークについついハンコを押してしまうこともしばしばです。確かにお金にはなりますが、お客様が失敗したと思ったときには、まさしく後の祭りになります。そしてワンショットで終了です。言ってしまえば焼畑農業ビジネスですね。それでも成り立つものは成り立ちますが、どこかでぼろが出てくるでしょう。本当の成功者を目指すのであれば、人を騙して利することはやめたいものです。

 

長期的な人間関係は、こういった短期的なテクニック、上記で言うとお客の落とし方、営業のコツのようなものは、通用しません。あなたに本当の誠実さや人格の良さがない限り、本当のあなたの動機に気づかれてしまったら、人間関係が壊れ、それまで構築してきた見せかけの成功を失ってしまうことになります。

関連記事一覧