BLOG

成功するためには最初から100%の力を出していけ

野球で良く初球打ちがいいとか、悪いという話があります。まずなぜ悪いかと言えば、ピッチャーに1球しか投げさせずにアウトを献上してしまうこともあるからです。球数を投げさせて疲れさせることがいいという考え方に立てば初球は見送った方がいいことになるでしょう。

ピッチャーの立場からしますと、なるべくボールを先行させたくはないですから、初球はストライクゾーンに投げたくなります。ですので、バッターにとって打ちごろの球が初球に来やすいといわれています。また、バッターは追い込まれると、フルスイングをしづらくなります。初球仮にファウル、あるいは空振りしたとしても、あと二球あると思えば、フルスイングもしやすいもの。初球打ちに成功すると、ピッチャーにはダメージになります。いずれにしてもランナーを貯めることがピッチャーにとって一番メンタルにきます。

最近ピッチャーも分業制になり、先発、中継ぎ、抑えとそれぞれ別の人が出てくると、何打席も同じピッチャーが回ってくるということは少なくなってきます。以前みたいに、4打席回ってくるうちに目が慣れて、いつかは仕留められるから、まあこの打席は様子見で、という以前の方法は通用しなくなっていると思われます。むしろキャッチャーのリードを狂わせるために、前の打席を捨て打席にして、勝負所で仕掛ける例はないことはありませんが、それは大打者の証明。やはり全打席ヒットを打つつもりでいかないと、打率3割にも達しないのが現実というところでしょう。

野球の場合には、立ち上がりの不安定なときに捕まえた方がいいですし、初回から先制パンチを食らわせれば、相当有利になります。サッカーでもどちらが点数を先に取るかでゲームプランが大きく変わったりもします。いずれにしても、先に点数を入れた方がどんなゲームでも有利に働きますから、最初から100%の力を出すことが、成功のポイントと言えるでしょう。

これはスポーツだけではありません。ビジネスでも同じことです。開幕ダッシュをいかに仕掛けられるかで、ビジネスプランが大きく左右されます。もちろんスタートダッシュを仕掛るといいのは、相手がどういうものがわかっているときです。兵力がわからないのに、いきなりどらを鳴らして、突撃!では、無駄に自軍の兵士を死なせてしまいます。

わかりきったことをやる場合には開幕ダッシュは必要ですが、新しいビジネスをやるときには、どうなるかわからないこともありますから、失敗しても立ち直れる範囲を決めておいた方がいいこともあるでしょう。いざというときには撤退することもビジネスにおいては必要です。しかし、気持ちは全力でを心がけなければなりません。気持ちも様子見では上手くいくものも上手くはいきません。まずは初球はフルスイング!その後はちょっと様子見がちょうどいいのではないでしょうか。

関連記事一覧