BLOG

何かやれば、何かが起こるもの。思いもつかないことで願いはかなうもの。

あなたは自分で考え、自分で決められる。誰しもあなたの人生はそのはずなのですが、なぜでしょう。上司の指示をただ待っている、そして自分では何も決めない。自分は指示されたことだけやっていればいい。合理的な側面もありますが、生きている価値はありますか。ロボットで良くないですか。

楽しい人生は、自分で考え、自分で決め、自分で行動し、思い通りの結果が出ることです。社会がそういうから、親がそういったから、と言って、自分の人生を決めるものではありません。正直、後悔しかしません。人に指示された人生を歩むと、ほぼ間違いなく、失敗したときに人を恨みます。恨むまでもなく、自分の考えた通りにやっておけばよかったとなります。逆に、自分で考えて失敗したら、人のいうことを聞いておけば良かったともなりますが、後者の方がはるかに傷口が小さくて済みます。自分で決めたんだからとあきらめもつくものです。

自分は成功するか失敗するかはともかく、やってみます。そして失敗しても、行動を起こした自分をほめてあげることにしています。よくやったね。おつかれさま、まあ上手くはいかなかったけれども、行動したことに意味があるよ。行動して何もしないよりは、行動して失敗した方が、すっきりして次に行けます。シュートを放っておけばバーに嫌われたり、キーパーにセーブされても、次のプレイがあります。シュートを放たなければ、心残りになるますね。サッカーの場合、シュートを放たなければ、何も起きません。シュートを放てば、入るかもしれないし、キーパーがはじくかもしれないし、誰かがこぼれ球に反応して、チームとしての得点を挙げられるかもしれないのです。バーに当たって、あるいは敵の選手に当たってオウンゴールもあります。これは行動した結果、起きることです。行動しなければ何も起きません。

ダメならダメで結論は早い方がいいのです。正直、失うものなんてありませんよ。失えば、別の何かが手に入るのです。一つを追いかけると、人間中々二兎は追えません。一つを失えば一兎のみを追えます。野原に出れば、また二兎を追えるチャンスが生まれます。そのウサギがすばしこくて捕まえられない。でも別のウサギは鈍足で捕まえられます。そうしているうちに俊足のウサギが目の前にやってくるかもしれません。

世の中思い通りにいかないことの方が多いですが、思い通りにいかないからこそ、ワクワクするのではないでしょうか。結果がわからないから面白いのです。初めから結果がわかっているゲームだったら面白くはありません。上手くいったらそこで終わってしまいます。上手くいかないから次がまた楽しめるのです。

関連記事一覧