BLOG

豊かさもまた心から。高い意識を持つと向こうから豊かさがやってくる。

お金持ちになる前提としては、自分の豊かさの意識を高めることが大切です。豊かさの意識をもって生活していると、豊かさを惹きつけます。常に貧乏くさい、ネガティブなことを考えていると、自分よがりになりますし、貧乏がやってきます。

 

お金持ちになりたければ、まず内面だけでもお金持ち気分を味わうことです。人間悲しいかな、外見も伴わないとそう思えないため、高級車に乗ったり、高級住宅に乗ったり、高級時計をはめたり、高級服を着て、セレブ気分を味わいたがりますが、それは本物のお金持ちでない証拠です。

 

自分が何者かというセルフイメージを持ちましょう。そしてそのセルフイメージが高ければ高いほど、幸せ、成功、富を引き寄せることができます。

 

資産のアップダウンが激しい方がいらっしゃいますが、自分の知り合いにもそういう人がいますね。ある時期は札束を夜の店でばらまくくらいに羽振りが良いときもあり、次にあったときは財布に小銭しか入っていない、しかししばらくするとまた復活するような人です。こういう方は、まさに豊かさ意識を言うものを持っていて、一種の心構えのようなものですが、全財産を失ってもたった数年で元の資産を取り戻したりできるのは、この意識の問題だったりします。これはその人の地位ではなくて、その人の生き方に引き付けられるものがあるからです。

 

そもそも何億円持っていようと、実態は預金通帳の数字だったり、株の含み益だったり、不動産だったりして、財布に何億円も持っているわけではありません。中には銀行が嫌いで、金庫の中に何億円も持っている人はいるかもしれませんが、どんな金持ちでも貧乏人でも身に着けられるお金はたかが知れています。ここまでくると、気の持ちようです。預金残高がゼロでも何億円でも持っていると自分を勘違いさせればいいのです。そうすればありったけの金を使いますし、お金を借りていても、預金通帳から降ろすのが面倒くさくてね。外貨預金だから香港に行ってこないと手続きできないんだよ、とか言っていれば、自分の気持ちは楽になります。それでもお金を貸している人の対応は全く変わらないどころか、怒りだすかもしれませんが。早く香港に行って、カバンに入れて持って来いと!

 

所詮お金とは、人とのつながりの中から生まれ出てくるものです。そうであれば、人を信頼して大切にする、他人を応援する、そして自分はチャンスに恵まれている、運がいい(時も来るだろう)と思い込むことが大切です。それに自分の得意なことをやっている人は、自然とチャンスや、お金、新しいアイデア、そして人を惹きつけます。成功するためにはまず豊かさ意識を身に着けることから始めましょう。豊かさ意識を持つためには、自分の得意なことをやることが一番良いということです。

関連記事一覧