BLOG

全ての成功の始まりは、まず他人の価値観ではなく自分の価値観で生きること

本当に強力なリーダーシップとはまずは自分を信じることにあります。しかし普通の人は、自分を信じられません。つまり自信がないということです。一つ間違いを犯すと、「自分はなんてダメな人間なんだ」、失敗を重ねれば「自分が生きている価値って何だろう、はあ。」と自己否定モードに陥る人の多いこと。これは極端かもしれませんが、あまり自己肯定モードになる人は少ないと思います。但し、自己愛が激しすぎる勘違い野郎も結構多い。こういう人は周りから敬遠されます。

 

人間なんですからいいところばかりではありませんし、人間なんですから失敗して当たり前です。そんなことをいちいち気にしていても仕方ありません。二度と同じ失敗をしなければいいだけです。自分の半生なんてまさに反省ばかり。

 

いいたいことは「髪の毛が薄いな」ではなく「男性ホルモンが強すぎるんだよ」のようにポジティブモードに気持ちを切り替えましょう。その辺は多少自分に都合の良い解釈をして、性格魔改造をした方がいいです。まずリーダーになるためには、自分を好きになることです。今日も元気な俺、ありがとう。誰かに一日一善して、本当にいい奴だね俺。昔のスポーツ選手が言っていましたが大いに自分で「自分をほめてあげましょう」。別に誰も聞いてきませんから、心の中でほめればいいだけの話です。

 

普通の人は、他人から良く思われようと必死になります。人から認められないと、人から愛されないと、そればかり気にして自分を曲げていきます。しかし成功するリーダーに共通する考え方は「人からどう思われようと知ったことか」と思っています。とにかく嫌われたらそれで結構、俺は俺という人が多いですね。他人にどう思われるかよりも俺はこうだアピールの方が大きいのです。しかしながら、彼らには信念があって、このように考えた方が中長期的には正しいし、社会的に貢献できると思っています。

 

普通人は他人に受け入れられそうかを判断基準にして、何をするかしないかを決めます。そのために少しでも学歴を高めたり、資格を取ったりと色々と頑張ってみます。リーダーはまず他人から認められるという考え方を捨てます。そうしますと、他人からどう思われようと、陰口を叩かれようと一切気にならなくなります。

 

日本人は農耕民族であり、村社会ですから、どうしても他人の目を気にしてしまいがちです。しかし、他人にどうみられるかというのは、非常にストレスです。ニュータイプでもない限り相手が何を考えているかわかりません。もちろん本音を聞いたら発狂して気がくるってしまうかもしれませんが。少なからず、本当の自由人になるためには、他人の価値観ではなく、自分の価値観でどう行動するか、その自由を手に入れることです。そして何よりも自分の価値観を持つことがリーダーシップの全ての基盤なのです。

関連記事一覧