BLOG

経営者はスタッフの延長上ではない。経営は仕事ではなくて事業なのだ。

さて、起業されるときにどのような基準でされますでしょうか。概ね今までやってきたことで起業する例が多いのではないかと思います。例えば、美容師であれば、今まで美容スタッフだった人が、美容室のオーナーになるというものです。最初はこれで良いのだと思います。もちろん人を使わず細々と、段々年を取ってくるときつくなってきますね。

今までやってきたことで起業する最大のメリットとしては、何かあったときに対処しやすい、ある程度リスクがわかるということです。全くやっていないことで起業してしまうと、対処方法がわからなかったり、リスクがわからないため、先に進まなかったり、思いがけないコストがかかったり、上手くいかない可能性の方が高くなります。ですから、起業するときには、自分が想像できる範囲のことから始めましょう。

しかし、ビジネスはできること、だけで選んでいては発展性がありません。できないことは他の人にお金を払ってやってもらうでもよいのです。但し、その場合にも自分が何ができて、どこまでが完全にこなせるのか、相手にどこまで何をやってもらえばビジネスが回るのか。相手がしてくれる中身は何なのかをある程度知っておくべきです。

ビジネスをやるからには、上記例では、美容スタッフの延長上でやってもかまいませんが、もう一歩先に進めたいものです。そうしないと、独立しても、単に労働時間が増え、さらに今まではスタッフであっただけだからお客様の対応をしていればよかったのが、資金繰り、銀行対応、美容室の様々なやりくり等、スタッフ以外の業務に追われ、何のために独立したのだかわからないような結果になります。

美容室をやるのではなく、美容スタッフをやっていた方が実際には楽しかったということも多いのではないでしょうか。そもそも何をやりたいのか、それをやるためにはどんな選択肢が良いのか、それを今一度考えてみましょう。美容室を持ちたいんだ、という漠然とした夢であれば、住宅ローンを返済して、完全なる自分の家を持ちたいというのとあまり変わらない気がします。

今までの延長上でしか考えていないと、繰り返しになりますが、お客を増やさなければならないことになります。そうすると必然的に自分の労働時間が増えるだけです。それでは人を雇えばいい、確かにそうなんですが、かえって、自分の手取りが少なくなり、あるいは自分の労働時間をもっと増やして従業員分の給与も稼ぎださなければならない羽目になります。

自分の知り合いで、何店舗かの美容室を持ち、人にやらせたら、好きに飲み食いされて、赤字になった、しかし給料はしっかりともっていく。人の使い方が悪いといってしまえばそれっきりですが、そんな例もあります。単に拡大すればいいというわけではありません。結局人を使うのがこりごりになって、店舗を一つに戻して、たまに娘さんに手伝ってもらうだけの細々系に戻してしまいました。

関連記事一覧