BLOG

理想の会社は自分で作るしかない。

会社で出世意欲のある人は、実は起業してもやっていける資格のある人間だ。人を使えるのは、紛れもない特技である。使われる方のモチベーションを上げなければならない。期日通りに仕事をしてもらわなければならない。ある会社の社長さんは、会社の代表や役員は当然のこと、ミドルマネジメントも「生殺与奪権はある」と言う。それをフルに使えと言うのだ。

 

解雇予告30日、しかしやめさせるのに正当な理由が必要。解雇がしづらいために、雇う方も慎重にならざるを得ない。若い方が今後の成長期待や吸収力も含め、いいことは確かだが、やる気のない若者よりも、必死な中高年の方が使えることもある。あると言っているだけで、中高年の方がいいわけではない。あくまでも最終的には人次第だ。中には勝手な価値観を持っていて、自分に納得のできないことはやらない奴、動きが悪い奴も多い。

 

世間的にいい会社(ブランド力ではなくて、休みが取れる会社)は、人の出入りが激しくないので、それほど人は募集せずに済む。人を募集している会社は、それだけ人の出入りが激しい会社、あるいは組織が拡大していく会社となる。どちらも大変なのだ。だから再就職先は、その大変な中に飛び込まなければいけなくなる。これら二つの例を考えれば、出入りが激しい会社は避けておくべきだ。要するに終わりのない仕事地獄が待っている。人の出入りが激しいということはきついから皆辞めていっているということだ。組織が拡大していく会社、少なくとも上場を目指している会社は、入社時はものすごく大変だと思うが、上場すると労働基準法の適用が厳しくなる(と思われる)から、そのうち、落ち着いてくる可能性もある。但し、上場企業だから、ブラック的企業がないかと言うとそんなことはない。これも経営者次第だ。

 

どんな会社がいいのか、なんて思っているうちに年を取っていく。結局のところ、ベストな会社なんてない。どこで妥協するかだけの話だ。ここだけは譲れない、それを自分で持てるかどうか。住むところだってそうだろう。日当たり良好、駅近で、洗濯機は屋内で、オートロック付きで、しかも安い!と言った時点で、見つからない。そこで高くていいと思うしかないのだ。

 

起業家の中で、何でその仕事をやっているんですか、と尋ねると、そういう会社がなかったから、という消極的な意見もある。しかしそれは究極の本音なのだろう。自分に合った会社を探すよりは、自分に合った会社を自分で作った方がいい。それが嫌ならば、つまり雇われていたいならば、妥協しかない。人生とは妥協の産物とはよく言ったものである。

関連記事一覧