BLOG

お金持ちになろうと思ったら、仕事を好き嫌いだけでは選ばないこと

ナポレオン・ヒルの有名な言葉で「思考は現実化する」というものがあります。端的に言えば、考えてないとそうならないよ、ということです。もし実現したいことがあるのであれば、まずは実現したいことを頭に思い浮かべておくことが大切です。しかし、世の中には漠然としたことしか浮かんでいない人が多いことも確かです。

 

何かで成功したいのだけれど、何で成功したいいのかわからない。通常は、今、サラリーマンで勤めている会社の中で、自分がやってきた仕事の延長で考えるか、はてまた子供の頃に描いた夢を実現させるか、「何で」の選び方は人それぞれですが、いずれにしても、まずは自分が何を考えているのか、心からの思いを常に心に留めておくことです。

 

その心からの思いは、自分の中だけから生まれてくるものではありません。いきなり着火することもあって、それは外から得られることが多いものです。例えば、本を読んでいたり、ネット検索をしていたり、テレビを見ているとき、あるいは他人と話をしているときに気づかされるといった感じです。

 

一般に「夢」は感情から生まれます。特に子供の頃の夢は純粋です。プロ野球を見ていて、その姿に感動をして、自分もプロ野球選手になりたいとか、ワールドカップのスーパースターを見て、自分もサッカー選手になりたい、等、カッコいい、素敵、そんな感情が「夢」になります。さすがに子供の頃からグラウンドにはゼニの香りがすると、そっちの方の匂いをかいでという人は少ないでしょう。もちろん貧困地域や貧困家庭に育った人が、裕福な生活に憧れて、お金を稼げる商売としてスポーツ選手を目指すという例はあると思いますけれども。子供にとって身近なところからスーパースターが生まれ出てきますからね。例えば、アルゼンチンやブラジル、そしてアフリカ等。

 

感情というのも夢の実現において重要です。感情がなければ、何事も始められません。そして続けられません。感情は人生をコントロールします。ただ、コントロールするだけであれば、そこに主体性はありません。さらに物事を好き嫌いという軸で考えてしまっては、それこそお金儲けをするところから外れてしまいます。嫌いでも儲かるもの、好きでも儲からないもの、これはあります。

 

人生をコントロールするのが、感情であるとするならば、思考はむしろ人生を形作るものと言えます。人生を成功させるためには、感情を上手くコントロールしたうえで、思考するということです。感情がときにあなた自身をコントロールしてしまうことがあり、そういう時には要注意です。好きか嫌いかでビジネスをしないこと。儲かるかもうからないかでビジネスをすること。もしお金持ちになりたいのであれば、第一歩はそこからです。当初は嫌いでも、お金が稼げれば好きになってしまうかもしれません。案外人間の好き嫌いの感情なんてそんなものです。

 

関連記事一覧