BLOG

成功に必要なイメージトレーニングとは

自分の考え方や価値観を見つめ続け、自分の実際の生活をその価値観と合致させていきましょう。これは継続的なプロセスです。特に自分の考え方、価値観、成功法則が一致したら天下無敵になります。このプロセスを確実にするために、次のことを頭に思い浮かべましょう。自分の考え方や価値観とは、あくまでも個人的なもので、主体的かつ積極的に取り組むべきもので、イメージ可能で、自分の感情を表現したものです。

 

これを言葉で表現すると、次のようになります。「私(個人的)は、飲食店で起業すること(主体的かつ積極的)で、繁盛店を目指し、お客の笑顔を受けて、自分も笑顔で喜べる店づくりをしたい。」

 

このように考えることで、自分の考え方と価値観を一致させることができます。方法論を間違えなければ、概ね、理念的には成功法則とも合致しています。但し、具体的な戦略については検討が必要です。以上のように実行する自分の姿をイメージすることができるでしょう。将来を創造すればするほど、その世界に入り込み、イマジネーションが巻き起こり、具体的な方策が浮かんできます。

 

現実的に繁盛店を作るのは容易ではないし、日々、お客からの要望やクレームを聞いたり、ろくでもない客に捕まってしまうと、腹を立てることもありますが、上記で述べたように、自分の将来を想像することで、たった腹もおさまってきます。クレームがあるということは、自分の店のオペレーションに何か問題があると思って、まずは様々なスキームを組み立てなおすきっかけにしてみましょう。イメージを繰り返せば、行動も変わり始めてきます。

 

もし仮に、まだ雇われ人であったならば、つまらないボスのいうことにいちいち腹も立てなくなります。既に自分は自分のイメージした世界で、成功しているのだから、と。一歩間違えば現実逃避にしかなっていませんが、このように世間から与えられた脚本を、実行するのではなく、自分が選択した価値観に合わせて、自ら描いた脚本に沿って生きることができるし、生きていかなければなりません。

 

ある研究によると、世界のトップクラスの選手、その分野で際立った成功を収めている人のほとんどが、イメージトレーニングを行っているとのことです。実際に物事に取り掛かる前に、彼らは目的をもって始めているのです。

 

世界のトップクラスの業績を上げなくても、我々は、日々の営業やプレゼンなど、その場面を明確に、心の中に思い描き、自然に行動できるように、イメージして置くことでしょう。そうすれば、その状況に直面したときに、違和感もなく、恐れる必要もなくなります。こういったときにも創造的でイメージを浮かばせる右脳は、非常に役立つのです。

関連記事一覧