BLOG

ワクワクさせるキャッチコピーの作り方

ワクワクしたコピーを書くためには事前準備が必要です。自分がワクワクしていないのに、人をワクワクさせることはできません。気分を高めて興奮状態に自分を置きます。

 

しかし万民向けの言葉というものはありません。あなた自身がワクワクしても、万民がワクワクするわけではありません。そもそも万民が共通に興味を持つものもありません。より多くの人をワクワクさせればいいという考え方で十分なのですが、逆に言えば、興味を持っている人たちにとって、ためになることが書いてなければ意味はありません。

 

質問形式で書くことがすべて良いわけではありませんが、例えば「あなたのやり方、本当にそれでいいのですか?」みたいな書き方はそれなりの効果をもたらします。そのやり方で上手くいっていない人や、疑問に思っている人にとっては。上手くいっていないから上手くいくやり方を知りたいと思って、先に読み進めようとします。

 

コピーは何よりも「タイトル」が大切です。それは広告文のための広告文です。広告文をじっくり読ませるための広告文が「タイトル」です。文章は長ければ長いほど、読む気が失せますが、タイトルが面白そうで、自分が知りたそうなことが書いてあれば、多少長くても読む気になります。つまり、残りの広告文を読むために、その広告のテーマに関心があるかどうかを知るための部分です。

 

見出しが無力的でなく、自分に関心が湧かなければ、その記事を飛ばして、他に興味があるものを読むことになります。ワクワクさせる広告は次のようなポイントがあります。

 

  • 人を惹きつける見出しになっているか
  • 個人的な関心に訴えかけているか
  • 見出しの最後に句読点は不要。
  • 省略符号は効果がある。なぜならば情報を得るために読み続けなければならないから。
  • !は感情や興奮を作り出す効果がある。

 

その他見出しを書く際の注意点には次のようなものがあります。

  • 見出しに「あなた」を入れて、あなたに関心があるような内容であると暗に訴えます。
  • 他のコピーを参考にして最も頻繁に使っている言葉を使ってみる。
  • お客様に対して約束をする。
  • 単に好奇心をあおるだけの見出しは避ける。
  • 否定的になるのを避けて、ポジティブさを売りにする。
  • 即効性のある容易な方法を提案する。

 

関連記事一覧