BLOG

うまくいく、セールスの方法とは? 天才の方法を真似て大金をつかめ!

成功される方の多くはセールスを得意としています。逆に言えば、セールスの下手な人が成功するのはとても稀ともいえます。厳密に言えば、セールスにはマーケティングも入りますし、たとえセールスが不得手でも、セールスが得意な人とタッグを組めばいいということです。

 

さて、以前勤めていた会社に営業の達人がおりまして、当然営業部長まで出世。退職して、10年後に再会したら、別の上場会社の取締役になっていました。本当ならばその人は純粋に営業だけをやっていたいそうなのです。その理由はモノを売るのが楽しいから。

 

でも悲しいかな、ものすごい営業の達人なので、ほおっておいてもどんどん役職が上がっていってしまうというのです。常に営業だけやっていたいために、以前の会社を退職したようなのですが、転職先でも同じ結果になってしまったとのこと。つまり営業だけやっていればいいのではなくて、役職がついてしまいます。以前は机の上に登って、毎朝、部下に檄を飛ばしていましたが、再会したときには静かに檄を飛ばす穏やかな方になっていたのが印象的です。まあ、会社の部下も違いますからねえ。

 

管理職になれるわけですので、やはり育成能力も高いです。再会後、部署の様子を拝見したところ、新しい商材を販売するときに、その取締役がインセンティブの話をしたら、そのときにその中の何人かの部下が電卓をパカパカやりだして、「よしさっそく今日、〇台売ってきます。」と、ミーティングが終わると同時に、会社から出ていきました。その行動力たるやすさまじさを感じました。売り先の会社も目星がついていたのでしょう。携帯でアポ電を取っていました。さすがあの方の部下です。セールスが得意な方は、まずフットワークが軽い。そして考える前に行動できます。これはどういう奴かなあ、ダメそうだやめとこう、なんて頭で考えて動かない奴はセールスが得意な人にはなれませんね。

 

セールスの天才に、どうやったら、そんな成績をあげられるのですかと尋ねたところ、「簡単ですよ。絶対売ると決めることです。」の一言。どうやったら絶対売ると決められるのかは疑問ですが、まあ要するにそういうことなのだそうです。セールスの本に、色々と技術的なことが書かれておりますが、売り方は人それぞれで、その技術的なことをやってみたからと言って上手くいくかどうかはわかりません。上手くいく方法を自分で探すしかないといっていました。しかし営業の全ての基本は「絶対に売ると決める」こと。そこがすべてのスタートラインであると。

 

確かに絶対に売ると思わずに、売れたらいいなあという気持ちのときには、モノが売れたためしはありません。こいつには売れないだろうと思った時点で大概アウトです。もう一つはこの商材は自分はあまり売りたくないなあとか、苦手だなあ、と思ってしまっても売れません。そういう気持ちにしかなれないのであれば、その商材の営業には向いていないから、別の商材を販売している会社に転職するか、もしくは営業そのものが苦手でしょうから、サッサと資格でも取って、営業職を辞めて、事務職にでもなることをお勧めします。

 

そういえば、セールスの天才が珍しく技術的なことを一つ言っていました。売る相手が、この商品やサービスを手にしたときに、どんなメリットがあるのかをイメージできるように話して感情に訴えかけるのがよいとのことです。相手の思考ではなく、感情に訴える。感情をコントロールするのは難しいですからね。要するにこのサービスを手にしたときにワクワクさせることができればよいのだと思います。

関連記事一覧