BLOG

より高みを目指すためには、自分にちょっと負荷をかけた方がいい

メンタルの強さも、筋肉強化と似たところがあって、自分の限度を超えて忍耐を続けると。メンタルが鍛えられます。そうすることで次にはより強い忍耐ができるようになります。

さて、運動についてまず考えてみましょう。初心者がいきなりフルマラソンを走っても、まるで完走はできないでしょう。靴ずれ、まめ、筋肉痛といいことはまるでありません。やりすぎてしまうことがほとんどだと思います。今まで運動をしなかった人は、最初は体が思ったように動きません。運動を好きになれない人もいるでしょう。ただ嫌なことをやるときこそ主体性を発揮するチャンスなのです。雨が降ったらジョギングはしないのが普通かもしれませんが、あえて、チャレンジしてみるのも手です。フィジカルの他にメンタルまで鍛えられます。

運動を継続的に行うと、平常時の脈拍数は徐々に下がり、有酸素系の能力が高まります。つまり体がさらに高い負荷に耐えられるようになります。通常の活動もより楽にこなせます。運動することで得られる最大のメリットは、主体性というメンタルの能力を鍛えることです。運動を妨げる色々な外的要因に反応することなく、健康を大切にする自分の価値観に基づいて反応するときに、自信、誠実さ等深く影響を受けます。

メンタルとは、自分の中心で、価値観に対して決意することです。これは極めて個人的な領域であって、人生において最も大切なことです。これを鍛えることによって、自分を鼓舞するエネルギーを見出すことができます。この方法を伸ばす方法は人それぞれでしょう。古典を読んだり、祈りを捧げたり、ヨガなどの瞑想をすることで、自分のメンタルを高めます。それが自分の価値観を表すのです。書物の言葉について深く考える時に、自分のメンタルが強められ。自分の中心を取り戻します。

音楽を聴くことで、あるいは森林浴をすることでメンタルを高める人もいるかもしれません。自然に接することで人は大きな恩恵を受けることができます。普段は騒音などの都会の雑多な雰囲気から逃れて、森の中で、自然の調和がとれたリズムの中に自分を置くと、メンタルが正常化されます。再び、都会の雰囲気に圧迫され、自分のメンタルが侵され始めますが、しばらくは平穏が保たれることでしょう。

メンタルを強化するには、時間をかける必要があります。これはかけるだけメリットがあります。祈りや瞑想に時間をかけるのも、非生産的なようですが、そんなことはありません。きっと自分の力やエネルギーを増加させてくれます。頭の中のデフラグを行って、整理でき、何かの折にビジネス上のヒントが見つかる場合があります。

関連記事一覧