BLOG

小さな場所でもいいからまずは強力な磁場になること

その人の存在感とは、どんなに小さくてもいいから、その場所で中心になることです。そして自分が中心になって物事を動かすことです。そうすれば、あなたがいなくなれば、そのプロジェクトは進みません。これこそ存在感というものです。

 

一番簡単な中心のなり方は起業することですね。起業は小さな磁場の発生です。磁場を簡単に説明すると、小学校の理科の授業で、砂鉄がばらまかれているところに磁石を置くと、砂鉄が磁石の周りを囲むように引きつけられ、きれいな線を描きます。貴方が磁石であれば、周囲の人が砂鉄です。貴方の思い通りに人は動きます。磁石を取れば、砂鉄がくっついてきますね。砂鉄にとってはあなたが必要なわけです。

 

これをビジネスに例えますと、何かお店を開くとしましょう。貴方が磁場になります。お客様、スタッフ、業者。これらはすべて砂鉄です。

 

あとは磁場ではなく、引力を発生させるともいえます。我々にとって一番身近な大きな存在は「太陽」でしょう。太陽ももちろん磁場を発生させていますが、惑星は太陽の周りをまわっています。太陽がなくなったら、地球は存在できません。我々人類も終わりでしょう。太陽がなくなったら、地球は住めない星になるでしょうから、宇宙船内で暮らすしかないでしょう。ビジネス界の太陽になれたら、それこそ最高です。太陽とは核融合の自家発電ですから、他者に対して、ほぼ一方的に恵みをもたらします。水素がなくなったら、光や熱を放射できなくなりますから、あんまり参考になりませんね。ではビジネス界の地球になることを考えましょう。地球におそらく意思はないでしょうが、きっと太陽の周りをまわって、太陽エネルギーを満遍なく受けて、地球に存在する生き物を養っているかのようです。ギリシャ神話では地球をガイアと呼び、母なる存在です。

 

思うに中心となることとは、人からエネルギーを吸い上げることではなく、他人にエネルギーを与え続けるものではないでしょうか。それでなくてはあなたに存在意義なんてありません。単なる守銭奴のゴミです。もちろん一方的に与え続けては自分が生きていけませんから、他者からもエネルギーを頂き、それを別のエネルギーにしてお返しするということになります。起業していれば、他社から報酬というエネルギーを頂き、サービスとしてお返しするといった感じです。そして単なるサービスではなく、お客様がどうすれば自分に誇りを持てるようになれるのか、そしてどうすれば、個々人が特別な存在であることに気づくお手伝いをしてあげられるのか、ということではないでしょうか。

 

そういう中心であり続けることで、あなた自身の心も穏やかになり、不安も収まっていくことでしょう。偉大なる存在になった時に、大いなる成功者にもなることでしょう。

関連記事一覧