BLOG

不信や不安だらけの心の中に吹き荒れる突風を払いのけろ

前回の続き。成功に至るまでにありがちな逆風第二弾。

  • 何故か身近に不幸が起こりまくる

これまた成功者にある不思議と申しましょうか、案外身の回りに不幸が訪れます。別に成功者が幸運エネルギーを集めて、周囲に負のエネルギーを与えているわけではないのでしょうが、成功者の会社に関係する人は、病気や事故が普通の会社よりもよく起きるものです。順風満帆に行っていてこのままスムーズにいけば簡単に億万長者になれるものの、そのときに最愛の子供を失って、最愛の妻まで先立たれ、あるいは最愛の子供が難病にかかり等、柔和な顔をしていらっしゃる成功者の方に話を伺うと、自分ではとても耐えられないなと思うようなドラマがその人を襲っています。きっと苦労を乗り越えてきていらっしゃるから、従業員も慕ってついてきているのでしょう。とてもやさしい人柄を感じられます。

 

  • 批判が圧倒的に増える

有名になると色々と批判も増えます。仕方ありません、多くの人がいますし、同じ価値観だったら逆に不気味です。八方美人の方がよほど、小さくこじんまりまとまってしまうでしょう。批判があるくらいの方が、確固たるあなたがある証拠です。そのときに批判者に対して食って掛かるやつは、フォロワー数十万人のSNSの大将くらいにはなれますが。人間の器を大きくするためには、批判した人に感謝をしましょう。批判してくれるということはあなたに少なからず関心のある証拠です。貴方の最大の理解者になれる人だと思います。批判もしないということはあなたに関心がないからです。もちろんそんなバカなことには時間を割きたくないという賢明な判断ですが。

 

  • 将来への不安が膨らむ

ビジネスが成功すればするほど、今度は不安が膨らんできます。仕事にガムシャラに取り組んでいるうちは不安にも思わないのですが、守るものが出てきてしまうと無性に不安になるものです。上手くいかせようと思って、なりふり構わなかったときの方が、むしろ楽しかったと思うこともあるでしょう。何もかもこれからの方が希望にあふれているという感じでしょうか。だから不安になったら、それはあなたにとって成功しているか、もしくは成功の前触れだと思うようにし、自分の中にある不安と折り合いをつけ、仮に不安が的中したとしても、それを受け入れましょう。受け入れればそれ以上不安が大きくなることはないのですから。

 

  • 成功を逆に抵抗する

成功手前で思うものです。これでよかったのだろうか。後は今やっていることが成功するということは、もっと大きくなる要素は秘めていますが、逆にそれが自分の上限になってしまうこともあります。先がなくなるのが一番人間にとって恐怖です。ある意味、死に匹敵します。ですから成功は成功として受け入れて、常に新しい事業にチャレンジし続ける気持ちを忘れないようにしましょう。

 

神様がいるかどうかはさておき、チャレンジするものを神様は温かく迎えてくれるものです。そしてたまには厳しく説教もしてくれます。貴方が起業家になったということは、少なからずそういう状況の中にいるということです。

 

説教は心の中に拭く突風。きちんと聞いて一つ一つクリアしていきましょう。

関連記事一覧