BLOG

お節介な人ほど、実は自分の事しか考えていない事実

たまに、あなたのことを考えてます系のおせっかいな人に会いますが、そういう人に限って、自分のことしか考えていない人が多いですね。本当に相手の気持ちは理解していない、それで説教ぶってきます。もちろんこちらとしてはありがたいですし、それを信じたい気持ちでいっぱいなのですが、自分のことを本当に理解もしていないので、助言できるはずがないのです。所詮それは口先だけの言葉にすぎませんし、言葉だけでは信じることができません。行動が伴ったものでなければ。

 

どちらかというと、上記の人は、心のどこかで人を利用してやろうという気持ちを持っています。今、人手が足りない、手伝ってもらおう(⇒安く使おう)。今、仕事に困っていないか、ちょっと手伝ってくれないか、君のことを心配していたんだ(しめしめ)、とこんな流れになっています。この「しめしめ」というのはかなり潜在的な意識です。本人も気づいていないレベルでの。本人は、絶対にそう思っていないと口に出しては言うのです。だけど残念、思ってしまっているのです。どちらかというと受け手側から感ずる、相手方の潜在的真理と言えましょう。

 

こうなってくると、助言があると助かると思いながらも、自分の方で影響を受ける余裕をなくしてしまいます。自分の本質を理解して、それに影響されなければ、自分は他人の助言に聞き従って、影響されることはありません。それゆえ、効果的なコミュニケーションを図りたければ、テクニックだけではダメで、お互いに信頼を築いて、相手が本音で話せるような関係作りが先決になってきます。

 

相手を理解してから、理解されるという流れを作るには、根本的な考え方の改善が必要になります。多くの人が、相手の話を聞いているときは、相手の質問に答えようと思って聞いています。そうして自分のフィルターを通して、相手を理解しているつもりになっているだけなのです。「君の気持ちわかる気がするよー」というのは、別に相手の立場に立って、相手の気持ちがわかっているわけではありません。自分の立場に立って、相手の気持ちが分かった気になっているだけなのです。

 

人の気持ちを理解していると思い込んでいるものだから、非常に厄介な人になります。概ね、人間関係において問題が発生すると、自分はあなたのことをここまで思っているのに、何であなたは理解していないわけ?という思考になってしまうのです。

 

要するにコミュニケーションが取れなかったりするのは、自分の責任ではありません。あなたのせいです、という具合に。なぜかって、それは自分は悪くないからと思っているのです。

関連記事一覧