BLOG

成功するためのコピーライティングの書き方

営業とは広告文から始まります。

 

さて、広告文は普段からよく見る機会があると思います。おそらくそのときにあなたが直感で判断していることは、自分に関係のある広告か、関係のない広告かといったところです。そのため、ビジネスにおいて、お客様に情報を発信するときは、単に自己主張をするのではなく、読み手の気持ちになって広告文を作成しなければなりません。

 

書かれていることがお客様にとってどうでもいいことではダメなのです。あくまでも彼らにとって重要なことでなければ。自分の価値観でこうあるべきだと思っても、お客様がそうあるべきだと思っていなければ、関心を持ってもらえません。ビジネスは大抵ここで躓きます。

 

自分の価値観で社会をリードできる天才は多くはありません。大半は凡才なのですから、人が望むサービスを提供し、人が望む情報を記載しましょう。そしてなるべくポジティブな表現を心がけます。但し、ショックを与える場合には逆にネガティブな方がいいでしょう。保険会社のコピーでは、「日本人は2人に一人ががんで死亡しています。」としていますね。どう考えてもネガティブです。一種の脅しですね。それで商売が成り立つのだから、楽な商売です(笑)。

 

コピーは次の要素で考えてみましょう。

  • インパクトがあるか
  • 読みやすいか
  • 信頼できるものか
  • アクションを起こしてもらえるものか

 

インパクトが強くないと注目されません。注目されなければ読んでももらえません。そしてコピーに読みやすさは当然です。読みづらければ誰も読みません。次に、いくら目を引く広告と言っても書いている内容が嘘偽りでは困ります。しかし嘘偽りが多いこと。美味しいこと行っておいて、目の前にお客様を呼び込んで、会えばこっちのものとばかりの対応も困ったものです。さらに、ここでいうアクションとは、お客様がお金を払ったり、資料請求をしてくれること等です。

 

次に、読んでワクワクしてもらうためにすべきことですが、一般人が知らないことで、サービス提供側だけが知る面白い情報を提供しているかです。俗に、その業界の秘密をばらすようなインパクトのある情報かどうか。世間ではあまり知られていないけれど、こっそりとあなただけに教えます、みたいなものです。そう言う広告で得られた情報のほとんどがつかえないものですけれどもね。その他は、誤った認識を正すという広告もあります。

 

関連記事一覧