BLOG

ビジネスは指数関数的に上手くいく、最初はしばらく辛抱せよ

始めたばかりのことを、上手くいかないからと言って、すぐに方向転換してしまうと、せっかくあるチャンスを逃す結果になります。今、あなたがいるそこにこそ大きなチャンスがあると考えましょう。もちろん、物事の見極めも大切なときがあります。ダメな奴はどうやってもダメ、というものはあります。

 

物事でなかなか結果が出ないことは往々にしてあります。その原因をきちんと把握しましたか、そしてできる限り改善しましたか。ただやってみてダメだったからハイ次々と乗り換えていませんか。

 

大きく化けるものこそ、スロースターターなことが多いものです。数学で指数関数と言われていますが、時間がたてばたつほど、成長力が上がります。最初はゆっくり、ある時期を迎えると一気にドカーンというのは自然の摂理に基づいています。細胞分裂も1→2→4→8→16→32→・・・と途中からものすごく目に見えてものすごいものになっていきますね。

 

Y=Xa

 

 

上の数字は2乗ですね。自然の摂理というものはよくできているもので我々人間も植物も基本的に上のような細胞分裂で母親のおなかの中から出てきて、その後もぐんぐん成長していきます。我々哺乳類はある程度で成長が止まりますが、それでも毎日新たな細胞が生まれ取り替わります。

 

逆に、最初に成長が目に見えて、早めに鈍化してしまうビジネスは対数型モデルと言います。最初上手くいきそうに見えて、おおっこれはと思わせるものは大抵こちらです。しかし打ち止めも早い。高校の数学を覚えていますか。対数の公式は以下のようなものです。

 

Y=logaX

 

そのため、上手くいくものであればあるほど、最初は時間がかかるものと思いましょう。なかなか結果が出ず、焦ってしまうものですが、待ちきれない人は、そもそもビジネスをやるには向いていません。最初から結果が出ようと出なかろうとお給料がもらえるのがいいならば、サラリーマン型だと思います。ですから嫌がらず、サラリーマンを目指すことをお勧めします。

 

ビジネスは植物ならば種をまけばいいのか、といって、ほおっておけば芽が出て花が咲くほど、ビジネスは甘いものではありません。ビジネスは過酷な環境にいると思った方がいいでしょう。ここは砂漠だと思ったら、サボテン以外であれば場所を変えるべきです。ただ植物が育ちやすい環境は、多くの植物がいますから、他の植物に栄養を吸われてしまうこともあるかもしれません。ある程度過酷な環境下で、成長を阻害する要因を次から次へと改善していく、その方が植物は強くなると思います。これはビジネスにも言える考え方です。

 

自然の摂理は原則、指数型成長になります。ビジネスも同じこと、最初は結果が出なくて当たりまえ。そのため、一定程度の時間は辛抱することが必要というわけです。成長を妨げるものを取り除く、ひたすらその作業をしましょう。

 

関連記事一覧