BLOG

求めれば得られる。求めなければ何も得られない。

世間をリードするリーダーの共通の特色は、まず自らの価値観を確立していることです。そして共通の価値観を持っています。ほぼ全員が、「成功の望みが高くないことに挑戦している」ことです。サラリーマンの仕事は頑張ればなんとかなることの方が大半です。しかし起業家のビジネスの多くは頑張っただけでは何ともならないことばかりです。頑張りを超えた先や、運も味方して初めて達成できます。そして、恐れず踏み出す勇気を持っています。これも価値観と言えるでしょう。

 

究極的には、成功してお金を稼ぎたいという俗っぽい動機かもしれませんが、そうは言っても成功するかどうかわからないことに挑戦するというだけでも立派です。さらに新しい事業によって、多くの雇用が生み出されます。それが社会的に大きな意義のあることです。雇用ということは、その起業家が生み出したビジネスによって数多くの人が生活できるようになることを意味しています。

 

一歩踏み出すのは結構大変です。勇気を出して起業しようと思っても、必ず誰かには反対されます。有能な人は、囲っておきたいがために、上司やその上の上司、会社の社長はあなたを手放さないように、色々と心理戦を仕掛けてきます。その多くが、そんなことやってもうまくいかないからうちにいろよ、ということです。直接の上司に言われるのなら、アンタはそんなことだから部長どまりなんだよ、と言ってやりましょう。社長に言われると少しは重みもないことはありません。しかし、アンタもそういって振り切って自分で起業したんだろ、と言ってやればいいだけです。

 

むしろ勇気をブロックしているのは自分自身だったりもします。色々な悪魔の甘言に心が揺れ、今に安住するのが良いと結論付けているのは、誰のせいでもありません。自分の心の弱さです。

 

心が強ければそれで完璧とも言えませんが、そういう人たちの多くは、人の意見を聞かない人ばかりですね。100人のうちに99人に反対されても構わないと考えています。100人中100人が反対しているのならやめた方がいいかもしれません。それでは1人が賛成してくれていたらやった方がいいのかというと、その一人はあなたとの関係を壊すのも面倒だからあなたに会わせているだけの気弱な奴かもしれません。結局は自分の決めたようにやればいいだけの話です。

 

後は自分の気持ちに正直になれる人がリーダーには多いと思われます。自分の気持ちに正直な人は、人に対しても誠実な人が多いです。自分に正直であれば、何があっても妥協しません。自分自身の価値観に忠実に生きることでもあります。決して軸がぶれません。お金は大切ですが、それだけにこだわってしまうと、自分の価値観からずれた結果になりうることもあります。そうすると自分の内に秘めた才能が開花されません。まずは心に手を当てて、自分が何を望んでいるかを考えましょう。そして自分の気持ちに素直になって、望んでいることを求めましょう。

 

求めなければ何も得られないのですから。

 

関連記事一覧