BLOG

目標達成を成功させるための目標設定とプロセス5つ

普通の生活をしたいならば、それほど目標はいりません。うちの会社には目標設定とかあるぞ!という人も多いでしょうが、あまりにもちっちゃい話で目標とはちゃんちゃらおかしい。それを達成して、給料が少し上がったところでたかが知れています。

 

普通の人と違った人生を歩んでいる人は、目標が必要です。何をするんだということがわかっていないと、地図も方位磁石もなくて、冒険に出るようなものです。それでも宝探しという立派な目標はあるのでしょうが。

 

さて、あなたが手に入れたいもののため、行動リストやスケジュールを立て、その通りに実行します。そうするとお望み通りの人生がやってくるようになります。もちろん全てが実現可能性の高いものでなければなりませんし、実際行動しなければ何も起きません。こうなったらいいのになあ~、と思っているだけではだめです。複数の人で一つの目標を達成するのであれば、色々な相手方もきちんと予定通りにこなしてもらわなければなりません。ここではその相手方もきちんと、最低限出来ることをやれる能力があると仮定します。ビジネスにはここまでならできるに違いない、と期待してもやってくれない場合というのは往々にしてあります。俗にいう期待外れという奴ですが、そういう奴も、詐欺師に分類していいでしょう。ただ、能力はあってもそれを上手く使いこなすのはあなたの仕事です。使いこなせないのを同僚や部下のせいにしてはいけません。

 

さて、自分や相手方が、目標達成に必要なことは次の通りです。

  • 楽しくなる目標を立てる
  • 目的は細分化して具体的に何をするかを考える
  • 目標を達成したときのご褒美と、失敗したときの罰を考える
  • 目標が達成したところをイメージして楽しむ
  • 何よりも行動を起こす

 

楽しくなるような目標でない場合には、失敗の原因になります。これやらなきゃならない、という目標だったりすると、やる気も起きません。目的を細分化して具体的に何をするか、特に人に仕事を依頼するときにはものすごく必要です。具体的にこれしてくれ、というのは依頼される方としてもわかりやすいし、動きやすくなります。

 

重要なのはインセンティブですね。ものすごくやっているのに報酬が増えないのもなんですが、一番よくないのは結果を出さないのに払いすぎることです。ご褒美と罰を使いこなしましょう。

 

目標が達成したところをイメージできるようにしましょう。人間いつまでもラストスパートを長い距離やり続けることはできませんから、期限を設けることが重要です。いつまでに何をするか。その期限までに達成しないのであればどうするかも考えましょう。

 

そして何よりも行動を起こすことです。だいたい目標を達成できない多くの理由が、行動を起こしていないことにあります。とにかく始めてみることが大切です。

関連記事一覧