BLOG

相手のことを真に理解する方法とは

本当の問題に向き合っていなければ、どんなに優れたアドバイスをしても意味がないのです。相手の立場に立って、相手の観点から世界を観なければ、本当の問題を理解することはできません。

 

人と上辺だけで接して、問題を早期に解決しようというレベルのコミュニケーションお替りに、相手に大きな影響を及ぼし、お互いの関係を大きく改善する機会を作り出します。信頼関係を高め、相手に本当の悩みを打ち明ける安心感を生み出します。

 

こちらがアドバイスを与え始める時も、相手とのコミュニケーションを十分に感知する必要があります。相手の反応が理路整然としているならば、こちらは効果的に質問をしたり、アドバイスを与えたりすることができます。しかし反応が感情的になるときには感情移入の傾聴に戻る必要があります。

 

相手の心が開かれている場合には、相手も理路整然と話すようになっており、さらに聞く耳も持っています。相手のアドバイスを素直に聞ける状態になっているということです。こちらが相手に影響を及ぼし、さらにその関係を改善させる機会がもたらされているのです。

 

多くの場合には、人は外部からのアドバイスをそれほど必要としません。相手は本当に心の中を打ち明けることができさえすれば、自分の問題を自分なりに整理し、その過程で解決策も明確になってきます。一方で、他の人のアドバイスや協力が必要になってくる場合もあります。この時のポイントは、相手の利益を考えて、感情移入のリスニングをして、相手の立場で問題を理解して、その解決策を一緒に探すことなのです。

 

相手が深い痛みを抱えているとき、あなたがそれを真摯な気持ちから本当に理解したいという思いで聞くのであれば、相手は早期に心を開いてくるようになります。本当は自分の本当の悩みを聞いて欲しいのです。そういう気持ちがいっぱいなのです。相手からの愛情が伝わってくれば、悩みの全てをぶつけてきます。

 

悪意なく、真剣に理解しようとしてみましょう。感情移入をするには、口を開く必要はありません。ときに言葉が邪魔になるときさえもあります。技術ではなく心なのです。感情移入のスキルが大切なのは、それがコミュニケーションの最も大切な基礎だからです。しかしスキルは相手のことを真剣に理解しようという気持ちがあってこそ、意味があります。人があなたから操られているのではないかと思ったら、強い反発を覚えてしまいます。親密な関係を持っている相手と接するときに、これからこういうことをやっていきましょうと目的を明確にするのも一つの方法ではないでしょうか。

関連記事一覧