BLOG

カンボジア現地法人の資金調達

日系企業の資金調達の手段としては、親会社からの出資(増資等)や親会社からの借入が多く、地場銀行からの借入のケースは少ないと思われます。また、カンボジアには邦銀(三菱東京 UFJ 銀行、三井住友銀行)の駐在員事務所はあるが、支店ではないため「親会社の保証を元にした邦銀からの借入」は行われていないのが現状です。また、カンボジアでは流通通貨の大半がドルなため、企業の決算書もドルを採用している企業多くなっています。日常生活ではリエルの必要性は低いですが、納税はリエルで行われます。税務申告書の作成時には通貨の洗い替えが必要となります。

 

増資 現地借入 親子ローン(外貨融資)
資金の出し手 日本本社

地域統括会社

現地金融機関 日本本社

地域統括会社

国外金融機関

通貨 リエル リエル リエル
現地法人の金利負担 なし あり(高い) あり
為替リスク なし なし あり(ヘッジ可)
資金使途 規制なし 規制なし 規制なし

 

唯一、増資については、5,000万USドルを超える場合、開発協議会の認可が必要になります。地場の銀行からの借入は金利水準が高く、金利の他手数料も0,1%程度徴収されます。送金についても外資規制はなく、企業が獲得した利益も配当も自由に送金できます(但し、源泉税の支払いは発生)。

 

(参考)基礎的経済指標

2015年 2016年 2017年
実質GDP成長率 7.2% 7.04% 6.95%
名目GDP総額 18.2(10億ドル) 20.2(10億ドル) 22.3(10億ドル)
一人当たり名目GDP 1,168USD 1,278USD 1,390USD
政策金利 -% -% -%
米ドル為替レート

(期中平均)

4,068リエル 4,059リエル 4,051リエル
為替相場管理 管理フロート制

出所:JETRO

関連記事一覧