message
  • HOME
  • 代表メッセージ

代表メッセージ

今までの日本は、いい会社に入社して定年退職まで勤めあげ、その間に住宅ローンで家を購入しておけば、退職後は年金でそれなりに豊かな生活が保証されていました。

 

しかしながら、これからはそもそもいい会社に入ったとしても定年退職までいられる人は数少なくなるでしょう。さらに、年功序列は過去のものとなっていますから、ある年齢をピークに退職まで年々報酬が下落していくことが予想されます。定年退職後、嘱託契約を締結してもらっても、さらに報酬が下落するのが目に見えています。加えて、年金がもらえるのかと言うと、現実的に厳しいと言わざるを得ません。また、いい会社に入れなかった人はどうなるのでしょうか。老後安心できるほどの資産形成なんて夢のまた夢です。

 

だから、誰であっても、老後は年金以外の収入を必要とします。一番うまくいくケースは、サラリーマン時代にそれなりの資産を築き上げ、それを元手に証券や不動産等の投資でより多くの資産を形成できることでしょうが、それらの投資をすれば、上手くいく人よりも、大半が投資した金額よりも下回ってしまい、損をするだけなのが現実です。

 

それ故、ごく一部の資産家のみが老後、豊かな生活ができるのであって、一般庶民は生活できない可能性の方が高いのです。そのため、我々は、早めに老後に備えておく必要があります。そのうちの解決策の一つが起業をして、自分で稼げるようになっておくことです。

 

定年退職間際、あるいは会社から肩たたきをされてから、自分で稼ごうと思っても、営業をしたことのない人が営業するのは、いきなりでは難しい。そのため、なるべく早いうちに起業をすることで、自分で稼ぐ能力をつけておいた方が良いのではないでしょうか。

 

起業すればだれでもハッピーになれるほど甘くはありません。残念ながら失敗をされる方もいらっしゃいますが、それらは最初に大きな借金を抱えてしまった人だけです。大成功と言わなくても、それなりの成功、つまり年金の足しになるくらいの稼ぎであれば、それほど借金は必要ありませんし、誰でも達成することは可能だと思います。当社では、創業融資をきっかけとした、起業家との帆走型支援を行っております。

 

もちろん、年金プラスアルファという小さな稼ぎだけでなく、もっと大きく稼ぎ、起業家として最速の企業価値向上ができるお手伝いをしていきます。具体的には、創業時のスムーズな資金調達、営業支援、起業家教育、スタッフ教育、キャッシュフローの円滑化支援、エクイティ調達、M&A、上場支援等々、企業価値を向上させるためのあらゆるサポートも可能です。特に、成長意欲のある起業家を応援します。皆様からのお気軽なお問い合わせをお待ちしております。

 

株式会社ファンボード

代表取締役 松本健児