BLOG

やよい軒に学ぶ、小ネタ満載のツイート

実は、やよい軒の公式ツイッターは2017年12月1日からのスタートである。まだ半年ほどしかたっていない。とはいえ、結構小ネタが満載である。開設初日は、あいさつの後、ファンの投稿にリプっている。2日目には、ネタだろうが、どんな感じの投稿が良いか、フォロワーに尋ねている。回答で77%がゆる~い感じ、23%が清く美しく正しい感じ。たかが合計しても83票ではあるが、ゆるさを求めているというのは、大多数の意見ではなかろうか。その後あなたはどっち派とか商品告知を行っているが、開設半月で、いきなり「フォロー&リツイートキャンペーン」(2017年12月18日~24日)を行った。公式アカウントをフォローし、キャンペーン投稿をRT。アマゾンギフト券1,000円が抽選で合計10名様に当たる。あのやよい軒がTwitterで注目度を集めるためにアマギフキャンペーン。三冠王をとっても練習をさぼらない、鏡のような手法ではないか。

 

その他、やよい軒の鍋定食を食べたら、引換券を集めて1食無料(2017年12月25日~2018年2月20日)なんてのもある。下手なクーポンよりもインパクトがあってよい。

 

1月23日をワンツースリーの日として、やよい軒の123と言えば。

  • いつも人気1の生姜焼き定食
  • 寒い日にぴったりの牛すき焼き定食
  • タルタルの量がお好みで調整できるチキン南蛮定食

あなたの店でもワンツースリーと言ってみよう。直近は12月3日?ちょっと遠いね。

 

やよい軒でのバレンタインデー。やよい軒で告白する仕方が面白い。

  • 好きな人を誘ってやよい軒へ行く。
  • すき焼き定食を注文する。
  • 私の気持ちはこのメニューの最初の二文字と伝えよう。

青春してていいねえ。

 

2018年3月1日から「鶏もも一枚揚げ定食」を販売している(再登場)。このTwitter販促は次の通り。

  • 「鶏もも一枚揚げ」「売っていいのは、うれすぎる覚悟のあるヤツだけだ。」(2018年3月3日のツイート)。
  • 写真を反転させて、一か所だけ反転していないところはどこでしょう。分かる人はRTとクイズ。
  • 2つの味が選べるあなたはどっち派(にんにく醤油→RT、おろしポン酢→いいね)。おろし大根に合う商品は「しまほっけ」「ハンバーグ」「鶏もも一枚揚げ」チョイスをコメントかRTで。ちなみに「しまほっけ」だったらしい。
  • 鶏もも一枚揚げを包丁で切っている動画を流して、この商品は何でしょうと改めて質問。鶏もも一枚揚げ→RT、とんかつ→いいね。
  • ひらがな縦4列横4行の中に、やよい軒の商品の一部が。そこにも「とりもも」との文字を発見できる。
  • 鶏もも一枚揚げメニューの画像の6枚切りの1枚が何番の肉が一枚混ざっているが何番か?と質問。

これでもかとTwitter販促するのを、ゴリ押しの公式と呼んでいるようだ。

 

通いたくなる理由を三択でツイート。「店員がかわいいから」「漬物が食べ放題だから」「ごはんが美味しいから」。

 

「漬物が当たるフォロー&リツイートキャンペーン」(2018年3月9日~18日)。公式アカウント(@yayoiken_com)をフォローし、キャンペーンツイートをRT、応募完了。DMで当選連絡。やよい軒の漬物が最大100名様にプレゼント。リツイート数によって当選者数がアップ。500RT未満:10名、5,000RT達成:30名、10,000RT達成:50名、20,000RT達成:100名。

 

と、まだTwitter公式アカウント開設半年にして小ネタが満載なのだ。

関連記事一覧