BLOG

数字の可視化は重要なマーケティング手法

特に数字を可視化することは、他にどのくらいの人が、あなたのビジネスに関心を持っているかを示すテクニックと言えるでしょう。お店の例で行きますと、やはり行列ができることが一番わかりやすいですね。入ったことのない店でも行列ができていれば、美味しいのではないだろうか、と勘違いさせることができます。Youtubeの動画閲覧数も多ければ面白いに違いないと思わせる効果はありますよね。

 

ところがこの数字の可視化は多いときには問題ないのですが、少ないときには問題が大ありです。少ないときには逆効果になりかねません。

 

シグナルを発信するメディア、場所にもよりけりでしょう。SNS上では「いいね!」されやすいですが、展示会ではまるでダメだとかがあります。これはひとえにそのメディアの先にどのような人がいるか、それを抑えておくべき必要がある、ということと、展示会では数多くあるうちの一つになってしまって、埋もれてしまうためです。

 

例えは少し異なりますが、展示会に来る人たちが必ずしも、こちらが展示会に来てほしい人たちであるとは限りません。以前、投資家向け広報の展示会にクライアントが出店したことがあります。企業に対する認知のためでもあったのですが、展示会に来る人の中には、企業ブースで出している景品欲しさでやってくる人も少なくありません。他のブースでは人だかりができず、クライアントのブースには人だかり。それもそのはず、クライアントは来場者に向け、特製マグカップを配布していました。最初の内は、来場者にパンフレットを渡し、会社の業務内容を説明していましたが、あるお客さまにはあきれました。「会社の説明なんてどうでもいいから、マグカップちょうだいよ。」

 

景品を用意すると、なんとなくこちらの目的が達成したかに思えます。投資家向け広報の最大の目的は、会社に興味を持ってもらって、会社の株を買ってもらうこと、その前段階の認知のためであります。お話を聞いてくださった方にマグカップということにすれば、まだ意味はあるかもしれませんが、安易に景品は考え物ということです。景品が欲しい奴は所詮景品が欲しい奴、以上終了ということですね。

 

話が少しずれましたが、売り手市場になるためには、自分の側が一人で、商品を手に入れたい人が無数の状態をいかに作れるか、そしてその状態をいかに可視化でき、伝えられるかにあります。そのときに数字を作り上げても、上記例のように景品を与えて、一見、行列を作り出しても意味はなく、あくまでもその行列に並ぶ人たちが、景品欲しさでない人たちを後ろに並べなければならないということです。単に行列欲しさに、最初から景品をクローズアップさせる方法はバカ丸出しですね。

 

売り手市場にする方法は、購入希望者数が販売予定数を上回っていさえすればいいことになります。そしてその事実を確認できるようになれば、キャンペーン自体が大いに盛り上がりを見せます。

 

その点は、リアルよりもオンラインのシグナリングの方が遥かに簡単に可視化を行いやすいと思います。オンラインでの可視化は、売り手市場になるために必要なエネルギーをさらに増幅させます。現代社会では、仮想世界で盛り上がりを作ることで、現実世界での結果を出すこと(いわゆる集客ですね)につなげられます。

関連記事一覧