BLOG

インスタ映えという逆転現象を集客に活用しろ

インスタ映え、昨年の流行語大賞。インスタではビジュアルコミュニケーションを行わなければならないため、シェアを拡散するために、インスタ映えは不可欠となる。

 

インスタ映えは、ビジュアル的に美しく、驚きがあるさま、ツイッター映えは、いいね!したくなる、どちらかというと、ありえない、アンビリーバブル、ストーリー性がある場合が該当する。それは美しい、醜い、どちらでもよい。必ずしもではないが、「見てよこれ、ひでえなあ~(例えば黒焦げのトースト)」なんてのはツイッター映えするが、逆にインスタ映えはしない。

 

インスタ映えを狙うのであれば、店の外観、内装、テーブル、食器等、何か拡散させたい特徴のあるものがありさえすればよい。当然、インスタ映えするメニューが望ましい。例えば、湯気がふわーっと出る焼きたてのパンは、画像でなく、動画によるシェアにチャレンジしたくなる。「俺ってこんなすごいもの食べてるんだぜ、お前たち羨ましいだろ」と意味不明に心の中で自慢している。

 

スマホを持っている人は、画像をシェアするチャンスを虎視眈々と狙っている。友達と食事でもすれば「リア充」アピールもできる。もはや架空リア充専門店として、女性ぼっち飯対応のため、イケメンの店員でも一人置いておき、お客様の要望があれば、無料レンタルしてもいいのではないか、くらいな勢いだ(人件費アップのことは全く考えていない発言)。

 

今は、普通に写真を撮ることにあまり意味はなく、いいね!をしてもらえるかどうかが基準になってくる。ここで考えてみよう。本当に客は店に食事をしにいっているのだろうか、食事ではなく、いいね!のネタを探しに行っているのではないだろうか。

 

つまり、美味しいものを食べるということで満足するのではなく、食べる前に写メをして、インスタやツイッターへ投稿し、いいね!をもらうことで客は満足感を得るのではないか、ということだ。

 

とするならば、味は最低限のものさえ提供できればいい。とにかくインスタ映えやツイッター映えするような、ネタになるメニューがあれば十分だ。そのうちお客様の方でも独自にインスタ映えする食べ方を見つけて、勝手にシェアくれるかもしれない。

 

ただ、インスタ映えにこだわるあまり、問題点もあることも確か。「全メニューを頼みました!」とか言って、シェアしてほとんど飯を残して炎上!メガ盛りなどボリュームのあるメニューはインスタ映えするため、食べ残しも多い。その辺は飲食店側の工夫も必要になりかもしれない。

 

いいか悪いかはともかく、インスタ映えのするメニューをいかに作るかが飲食店販促のポイントになってくる。美味しいかどうかが二の次というと、プロの料理人のプライドは満たされないかもしれない。ただ、お客様が来て初めて、お店や経営者の満足感が満たされるため、不本意かもしれないが、少しは我慢も必要だ。

 

インスタ映えする、あるいはツイッター映えするメニューは何なのか、まず業種に合わせて、自分で考えていただくしかないが、そのためにもツイッターやインスタによる販促を独自で行い、慣れておく必要がある。自分でやらない限り答えは見つからない。

 

ともあれ、「見せびらかし」を自慢するお客の心理、「自分はこんなに面白そうなもの見つけたんだぜ」という自慢心をくすぐろう。

 

美味しさが客を呼ぶのではない。インスタ&ツイッター映えがお客を呼ぶ時代なのだ。

 

「メニューがシェアされ、お客を呼ぶ。」

関連記事一覧