BLOG

腕時計メーカーブレモン(BREMONT)に学ぶストーリーの作り方

ブレモン(BREMONT)という英国製プレミアム腕時計メーカーがあります。航空工学博士であった父を軽飛行機の事故で失い、父の遺志を継いで、その息子であるニックとジャイルズという兄弟が2002年にスタートさせた腕時計のブランドです。

 

このブレモンの人気の秘密は「ストーリー」にあります。元々兄弟も空を飛ぶのが好きだったようで、父の事故をきっかけに、パイロットのための時計を作りたいと夢を持つようになりました。彼ら兄弟がフランスで緊急着陸をするようなアクシデントに見舞われたときに、出会ったフランス人の名前がBREMONTだったようで、それをブランド名に冠するところも中々しゃれています。

 

会社やサービスに、こうしたい、ああしたい、そうなりたい、そうさせたい、という理念はあるでしょうか、そして共感をもたらすストーリーはあるかを今一度考えてみましょう。彼らの作る時計自体にも数多くのストーリーがあります。いくつか掲げると次の通りです。

  • ステルス爆撃機のパイロットが漆黒の期待に合う漆黒の時計が欲しいと要望した
  • 超音速下での戦闘機の座席射出を想定して、耐用テストを行った
  • 座席の射出を経験し、生還したパイロットにはもれなく、時計にぴったりの特製の赤いベゼル(文字盤のガラスにはめるリング)をもらえる
  • 北極圏や深海、砂漠、成層圏などにブレモンの時計を付けていった冒険家のストーリー
  • 9層のコーティングを施したガラス
  • 鋼鉄の強度を持つ時計

 

危険を顧みないパイロットや冒険家が使う時計という、確固としたブランドを持ち、お客の心をがっちりとつかんでいます。当然、プレモンは単なるストーリーだけではなく、そのストーリーを受け止める、元々の品質の良さが前提となっています。

 

また、マーケティングのときのこだわりもあり、例えば、ある時計には第二次世界大戦に使われた主力機の部品を使っていますとか、暗号解読装置の部品が使われています等があります。このようなストーリーは航空機とか大戦マニアの気持ちを大いに揺さぶります。まさにストーリーが、時計の品質と同じ、あるいはそれ以上の意味を持っています。そして上質な製品と、優れたストーリーが組み合わさることで、売り手市場になることができます。

 

実際ブレモンの時計をしている大半の人が、航空機のパイロットではないでしょうし、砂漠や深海へ行くような冒険家ばかりではなく、普通の人が多いでしょう。しかしながら、ファンはブレモンが語る夢やロマンに共感しているのです。

関連記事一覧