BLOG

ロードサイド型郊外立地における、商圏の見方

ロードサイド型では、ドライバーが顧客対象となりますが、徒歩客と異なり、商圏はかなり広くなります。それゆえ、立地の見方は徒歩商圏と比較して極めて難しくなります。

 

一般的に郊外立地は店まで車で5分、半径2~3km円を想定します。お客さまに住所を聞く機会があったときは、地図上でプロットしてみるのもよいと思いますが、イレギュラーにもっと遠いところから来ている人もいるでしょう。しかし最も遠いところからきている人を基準として、それを店の商圏ととらえることは危険です。

 

一度、あなたの物件候補地から、ドライバーになりきって実際に車で走行してみましょう。そして5分でどこまでいけるかを確認するのです。信号もなく単なる直線コースであれば、時速60kmならば5kmまでいけますが、途中で障害がたくさんあります。交差点や横断歩道の信号待ち、踏切、橋梁での渋滞等々、5分で行ける範囲は実際は1km程度なんてこともあり得ます。そのため、同じコースでも何往復化してみて平均的にどこまでいけるかを確認した方が良いでしょう。また、平日だけでなく、土日祝日等の休日も確認しましょう。できれば営業時間帯には知ることが望ましいでしょう。

 

この5分の範囲を見極めると、すぐ近くだからあなたの店に行こうと考える人がいる範囲を知ることができるのです。

 

徒歩客と同じようにドライバーにも交通発生源と言うものがあります。自動車にとっての交通発生源とは、大型商業施設やレジャー施設、インターチェンジの出入り口、幹線道路の交差点もあるでしょう。物件から1km以内にこれらの交通発生源がある場合には、ドライバー集客に大きな好影響を与えます。また、商圏内に人口や従業員が集中しそうなところも確認しましょう。

 

ドライバー客を対象とする場合には商圏を広めに見るだけでなく、注目するところもまた変わります。都市部から地方に向かって出る大きな道路にも注目するのです。そもそも都市や大きな街自体が交通発生源とも言えます。徒歩客にとっては大型商業施設や駅等の施設が、人が集まる場所でしたが、ドライバーにとっては都市や街自体が交通発生源となります。

 

しかも地方から都市へ向かう道路は、多くの場合、都市部へ近づくまでも大きな一本道です。都市を交通発生源と考えた場合には、このような道路を地方から都市に進んできて、最初に分岐する場所が良い立地と言うことになります。

 

その他は、道路標識と自店の看板の位置関係、道路から店への入りやすさ、出やすさにも注意が必要です。

 

関連記事一覧