BLOG

客が入らない、それは立地が悪いからと思う前にしなければならないこととは?

赤字続きでそもそも客が来ない。立地が悪いのか!と常に立地のせいにしたがりますが、果たしてそうでしょうか。そもそもその立地を決めたのって誰ですか?

もちろん店舗運営にはこれでもかというくらいに立地が影響を及ぼすこともまた事実です。当然、店が続けられず、取引先にも従業員にもお金を支払えず、負債がたまるばかり、そういう自分もとても生活できたものではない、そういう店は決して少なくはないですし、粘っても意味のないことの方が多いです。上手くいかないのは単純にあなたに能力がないからの一言で済んでしまいます。なんて身も蓋もない!

だからと言いつつ、ダメな本当の理由を明確にしておくことは、仮に今回撤退したとしても、次に役立ちます。ですから単純に立地のせいだけにするのはやめましょう。案外、立地以外に大きな理由があるものです。それは大抵、商品やサービス、販促等の営業力の問題だったりします。

チェーン店の場合には、すぐに撤退する必要はありません。なぜならば、既存店の営業が順調であれば、不振点をカバーできます。しかも既存店の営業が順調ということは、通常、商品やサービス自体に問題がない可能性の方が高い、と考えられます。実際サービスに含まれるかもしれませんが、その店のスタッフの対応に問題があったとか、その地域にはその商品やサービスが受けないとか、競合店が多すぎて、それを上回る商品力がなかった等、その店特有の理由がありそうです。

チェーン店でも既存店の営業が不調になったときには、真っ先に不振店は撤退させられることになります。それは社会全体が不景気になったとか、企業全体(業種業態)の商品力に魅力が、相対的になくなったというような、もっと大きな事態です。

チェーン店は良いとして、個人店の場合は、死活問題です。その店でダメならばカバーしきれる収入がないのですから(店のオーナーが他の事業を行っている場合は別)。店舗経営で採算が取れない理由は大きく分けて三つです。それは営業力、商品力、そして立地になります。そのため、撤退する前に必ず顧客調査を行いましょう。そうすれば店のどこに不満をもっているのかがよくわかります。お客さまの声を元に、徹底的に改善できるところは改善していきましょう。それでもなお、売上が上がらないときには、次は営業力(販促)の仕方を改善しましょう。お客さまの声を元に、こういうところを改善しましたと、いうように、改善点を既存顧客や潜在顧客にきちんと伝えましょう。
商品力と営業力の改善をしたうえで、それでもなお、売上が上がらないときは、立地の問題と言えるのかもしれません。ここで主張したいことは、営業力、商品力の問題を解決して初めて、立地に問題があるのかどうかがわかるということです。

最初から立地に問題があると考えて、思考停止をしてしまうことは一番問題です。また、立地が悪かった場合でも、お客さまの声を拾い上げてみると、たまたまこの商圏のお客さまにはウケなかっただけかもしれません。商圏の質の大部分を占めるのが、そこに生活する人たちです。そのためにも顧客調査は必ず行いましょう。

せっかく選んだ場所ですから、失敗しない立地にするためにとても必要になります。

関連記事一覧