BLOG

複雑なシステムを優雅に

こんなことが皆さんの共通の悩みだと思います。

「おいしい(素晴らしい)メニューを提供しているから、もっと売れていいのだが、なんでこうも売れないのかなあ」

「自分の話を聞かせるのだから、それはお金を取らないとね。でもどうやったらお金を払ってもらえるんだろうか。」

「ソーシャルメディアなんて時間の無駄だよね。毎日ツイートしてるけど、全然客は来ないし。」

 

もう既に、価値を提供したら相当の対価をもらってそれで終わり、という時代ではなくなっているようです。今日、成功を収めている例は、傍から見るとどうやってお金を儲けているかわからないくらいようなものが多そうです。

 

今の時代、いい仕事を、いいメニューを提供するだけでは高いお金は払ってもらえません。それが突出していれば話は別でしょうが。例えば音楽で例えてみましょう。ピアニストやバイオリニストでそれなりに稼いでいる方はいらっしゃいます。しかしながら、オーケストラの方がより多くの人を呼べます。バンドを見てみましょう。アカペラだけでは人を呼ぶのは難しいのですが、リードギター、ベースギター、キーボード、ドラム、ボーカルの組み合わせで人を魅了することが多いような気がします。あくまでも比較論ですが、ビジネスでもどれか一つで繁盛というのは難しいでしょう。

 

その中で一つのものをスター化して、販促するのはいいのです。しかしながら、例えばコンサルティングサービスを行っている会社が、最初から料金制を敷いていて、1時間〇万円とした場合、お客さまは来るでしょうか。よほどそのコンサルティングが名前が売れていたり、料金を頂くというやり方をしていることが多いと思います。

 

そうすると、一つ一つのことは無駄かもしれませんが、最初の例に戻りましょう。

ソーシャルメディアで、コツコツとツイートして(もちろん読者は無料)、関心を持ってくださったお客さまが、次に、無料相談にお越しいただいて、それでそのサービスと料金にご納得いただければ、最後の素晴らしいサービスで、初めてお金を生むようになります。

 

これはコンサルティングだけじゃなくて、店でも同じことです。ソーシャルメディアでコツコツとお店やあなた自身のことをつぶやき、お客さまに親しみを持っていただいて、関心を持ってくださったお客さまが、来店して、メニューを注文してくださり、初めてお金に変わります。一つ一つのことで全てお金にしようと思うことが間違っています。そして今の時代、ただでさえ供給が多い時代に、すぐに結果を求めることも間違っています。すぐに結果を求めるのであれば、需要と供給のバランスが崩れているところを見つけて入り込むしかありません。その需要が多い割には供給が少ないマーケットを見つけ出すということです。

 

関連記事一覧