BLOG

販促と財務が二つとも上手く回って初めてお店は繁盛する

自己資金を自分で全て用意して開業する。素晴らしい。
ただ、その後がいただけない。
数か月後したら、売り上げが思ったより立たずに、公庫や銀行へ融資していただけませんか、と尋ねてくる。

借りられないことはないけれど、創業時に融資するよりも相当ハードルが高い。
銀行からしてみれば、事業遂行能力がない人にはお金を貸しずらい。

予め顧客を抱えておいて始められれば良いが、そんなうまいこともそんなにない。
しかも独立したら仕事くれ、と予め友人知人にお願いしていても、
実際に独立してから仕事を予定通りもらえないケースもある。
友人知人にだって、昔からの付き合いが大切で
今すぐ仕事を依頼できない事情だってあるだろう。

飲食店を開業しても、毎日食べに来てもらうわけにもいかない。

一番良いのは、創業時に日本政策金融公庫や制度融資という形で地方銀行あるいは信用金庫等から、
数か月分の赤字を見越して運転資金分を借りておくこと。それが一番ハードルが低い。

ただ、借りられずに始めたケース、あるいは金融機関から借りたけれども
予定通り売り上げが立たず(予定通りに借りられなかった場合も)に資金繰りに窮することもあるだろう。

こんなときにベターなのが、その資金繰りを見越して、顧客を確保する準備をしておくこと。
システム受託の仕事を受けられれば、契約書だけでも担保価値にはなる(支払ってくれる会社がいい会社なら)。

飲食店、美容室はそういった契約書で縛ることは難しいが、
販促活動を行っていて、実際に顧客リストがこれくらいとれて、
と途中経過でもいいから金融機関に説明する努力はしてみよう。

Twitterの1フォロワーには1~2円の価値があるという(但し広告業界)。
いいね、とかフォロワー数が金融機関にとって担保価値があるとは言えないが、
そんな時代もやってくるかもしれない。

というか、不動産だの、代表取締役の個人保証に担保価値を求めているようでは、
金融機関も差別化ができず、淘汰されていくだろう。

最近、メガバンクでもAI(人工知能)を導入して、人員削減を行うというリリースがある。
金融機関のシステム(特に事業融資の判断基準)が時代にそぐわなくなってきたということだ。
金融機関がやるべきことは確実に返ってくる先にお金を貸すことではなく、
確実に返ってくる会社に育て上げて、きちんと元本と利息を回収することである。
そしてその会社が拡大するにあたり、資金ニーズに合わせてより多く融資して、
より多く収入(利息)を上げることだ。そういうことのできる金融機関しか、今後は生き残れない。

いずれにしても、金融機関から融資を受けられようと受けられなかろうと、
販促や営業は資金繰りに困っているあなたの会社が今すぐやらなければならないことである。

中小企業にとって銀行からお金を借りることだけが資金調達ではない、
最大の資金調達とは返す必要のない売上(利益)を上げること、
これを忘れてはならない。

そして売り上げが上がれば、融資は必然に受けやすくなる。
販促(営業)と財務は企業にとって両輪であり、
どちらが欠けても上手く事業は回らないのである。

関連記事一覧

関連記事はありません。