BLOG

プレゼン時の注意点

経営改善報告書は外部の専門家に依頼することは出来ますが、プレゼン自体は経営者自ら行わなければなりません。外部の専門家がしゃべっていると、経営者が本当に経営改善する気があるのだろうかと疑問に思ってしまいます。資料は外注したとしても、自分が作ったものとして、自分の言葉で金融機関に意気込みを伝えなければなりません。

 

借りたものは返さなければならないのは原則論ですが、銀行は金を貸すことがビジネスです。そして返ってこないことにリスクを負うのも彼らのリスクの範疇なはずです。そこは対等な関係として考えましょう。そのため、申し訳ありませんという態度で示す必要もありません。申し訳ありませんと表面上はつくろっていても、金を貸したお前らも悪い、くらいに強気で思っていた方が、交渉は上手くいくものです。

 

金融機関を怒らせると、後で融資してくれなくなると怖がっていますが、そもそもへりくだっていても貸してくれないときには貸してくれません。こちらが偉そうにしていても、向こうが借りてほしいと思っている場合には、貸してくれるものです。あまり気にしすぎるのも良くはありません。

 

そもそも融資取引はビジネスですし、資金需要のある中小企業は金融機関にとっても重要な顧客です。返済が滞ったとしても、事業意欲もあり、返済意思もあるのであれば、邪険に扱われ手良いわけではありません。繰り返しになりますが、貸したあんたがバカなんです。ごちゃごちゃ言っているのであれば、さっさと営業先を紹介してこい、ですよ。紹介できない金融機関の方が間抜けなんです、くらいの気持ちでいましょう。

 

とにかく、常に強気のあなたに金融機関は惚れます。ここで注意すべきは、強気と思い込みの激しさは一致しません。思い込みが激しい、上手くいかないのに上手くいくと思っているバカ、これはダメ。堂々としている方が信頼できるというものです。おどおどしていたんでは、本当に営業先で強気で行けるのかも心配になりますよね。押しが強くないと(なんか心が痛むような)。

 

そもそも金融機関自体も生き残るためには、貸した先をどのように再生させるかが、今後の収益の柱の一つとなるでしょう。そのため再生事例を間違いなく欲しがっています。自分が実験材料だ、くらいな気持ちで、こけちまったぜ、ここからどう立ち上がるか見ていやがれ、ですよ。本当に再生したら、彼らの中でも成功モデルになります。貸した金が将来戻ってくるのですから、こんなにありがたいことはないわけです。

 

また、交渉は他の人でなく社長自らが声に発して行いましょう。厳密にいえば、社長の代わりに債務カットの交渉をできるのは、弁護士だけです。その他の専門家が債務カットの交渉はできません。非弁行為、つまり違法です。そもそも弁護士が出るときには、債務カットの場面ですから、金融機関としても、けんかする気なのかい、としか思ってくれません。自分で説明して、金融機関とはけんかをしないようにしましょう。けんかするときは弁護士に任せた方がいいですよ。

 

 

 

関連記事一覧