BLOG

ローカルベンチマーク

定量評価を軸とした「企業評価」、キャッシュフローをもとにした「事業審査」、ここに「担保・保証審査」を行って概ね融資できるかどうかを決めます。本来ならばここに地域密着型金融の考え方を用いて、地域全体に付加価値をもたらすかどうかを加味し審査決定を行っているはずだったのですが、そこは皆さんがご存知の通りの金融庁が唖然とするような結果です。もちろん先進的な地銀の中では本来の地方に根付いた、地域経済活性化のための地銀としての役割を担う金融機関も少なくはありません。しかし少ないのは皆さんが実感している通りです。

 

さて、ここでは主に経済産業省が主導している「ローカルベンチマーク」をのぞいてみましょう。

 

  • ローカルベンチマークとは
  • 企業の経営状態の把握、いわゆる「健康診断」を行うツール(道具)です。活用によって企業が抱える課題の早期発見が可能になります。
  • 企業の経営者等と金融機関、支援機関等が、対話を通じて現状や課題を理解し、個々

の企業の経営改善に向けた取組を促す手段となります。

 

②ローカルベンチマークの内容

【6つの指標】による分析

  • 財務情報…企業の過去の姿を映す

(1)売上高増加率…売上持続性

(2)営業利益率…収益性

(3)労働生産性…生産性

(4)EBITDA有利子負債倍率…健全性

(5)営業運転資本回転期間…効率性

(6)自己資本比率…安全性

 

【4つの視点】による把握

  • 非財務情報…企業の現在の姿を映し、

将来の可能性を評価

(1)経営者への着目

(2)事業への着目

(3)関係者への着目

(4)内部管理体制への着目

 

③ローカルベンチマークの活用事例

  • まだ事業承継の必要性に気付いていない経営者に事業承継の必要性を気付かせた事例
  • 経営状態を把握したうえで、経営課題を解決するためのIT導入を実施し、生産性を向上した事例IT導入
  • ローカルベンチマークを活用した早期経営改善計画を作成することで、数字の羅列だけではない地に足のついた内容となり、金融機関へ説明することで事業性を理解してもらえた事例

 

定性要因の評価は簡単なことではありませんが、地銀が生き残るためにはいかに目利き力をたかめるか、そして企業の生存率を高めるためのサポートをしていくしかありません。そして生存していき大きくなった企業をお客様として抱えることで、よい深い付き合いをしていくしかないのです。それができないところは合併して実質消滅をするのが地銀の行く末です。

 

 

関連記事一覧