お客様参加型
マーケティング
  • HOME
  • お客様参加型マーケティング

ファン坊のお客様参加型マーケティング 

最近、ユーザーが作るコンテンツをマーケティングに活用する手法が注目され、そのコンテンツをユーザー生成型コンテンツ(User Generater Contents)というのだ。例えば、動画投稿サイトのYoutubeや商品レビュー、クチコミに当たるのだ。

企業からの一方的な広告が顧客に信用されなくなり、友人・知人を含めたお客様のクチコミの方が心に刺さるため、企業もお客様の力を借りようとして、クチコミや商品レビューをマーケティングに生かそうと考えたのだ。

ユーザー生成型コンテンツマーケティングなんていうと難しいので、当社では「お客様参加型マーケティング(Customer Participation-type Marketing)」と呼んでいるのだ。

お客様参加型マーケティングってすごいらしい

Webサイトにソーシャルコンテンツ(お客様の声や評価)が統合されていると、サイト滞在時間が長くなる。

プロフェッショナルなコンテンツとユーザー生成コンテンツ(お客様の声や評価)の両方があると、エンゲージメントが向上する。

お客様の多くは、クチコミや利用者による評価を最も信用する。

国際的に有名なマーケティング会社の調査によると、お客様参加型マーケティングはすごいのだ。

お客様参加型コンテンツはなぜ消費者に受けるの?

・お客様のリアルな体験談の方が、その情報を受け取るお客様の方にとって、その商品やサービスについて、理解しやすい。

・あるお客様の声とは、別のお客様にとって、その商品やサービスを入手することで手に入る将来の自分の姿である。いわゆる「自分ゴト化」ができる。

・お店は商品を売りたいからいいことばかり言う傾向が強く、誇張のない生の声の方が真実味がある(その商品の実体を表している)と消費者は思っている。

・店の気づかない消費者視点の情報を発信している。店も実は自店の良さが分かっておらず、お客様から気づかされることも多い。そのため、お客様の方が店をよく伝えられることもある。

・お客様同士の情報交換の方が共感されやすい。

・お客様同士であれば、店の話題をネタにして自分ゴトとして扱いやすい。

要するに、お客様同士の方が本当のことを伝えてくれると、お客様が本能的に理解しているのだ。もう一つはお店に対する「共感」が重要なのだ。

お客様の声が集まらない店には、お客様は来ないのだ。

お客様参加型マーケティングって難しそうなんですけど?

それを解決するのが「みんなのファンボード」なのだ!

 

クチコミ特化お店ホームページ「みんなのファンボード」については こちら