BLOG

どんな人をお客さまにできるか、ターゲットを絞りましょう

どんなお客さまにサービスを提供するかということはビジネスにおいて非常に重要です。万人向けのサービスをうたっても、何屋だかわからないとお客さまも関心を持ってくれません。しかも強みが何だか伝えにくくなります。

そこであなたの「強み」を欲している人は誰かということです。そもそもあなたの「強み」というのは、あなたが今まで苦労したことでそれを乗り越えていく中で身についていきます。そしてその苦労したことや悩んでいることについて、それをどう乗り越えたかをアドバイスしてほしいと思うものです。ということは、あなたが乗り越えられたことを、未だ乗り越えられていない人に対して、あなたは強みを発揮できることになります。つまり「過去の自分のような人」がお客さまになると想定できます。

あるレベルに達した人であれば、そのレベルに達していない人をお客にすることができるのです。営業力の高い人で以前営業が全くできなかった人は、営業ができない人の気持ちもよくわかると思いますので、その克服法をアドバイスできますよね。

もう一つは、あなたが当然のごとくできることで、それが当然のごとくできない人。同じ職場にも、なんでそんなこともできないのか、とイライラした経験はありませんか。そんなこともできないのか、というのはその人の資質のなさが原因ということもありますが、たいてい、あなたが「すごい」ことが多いのです。

そんなの当たり前のことなのになあ、と思うものですが、自分がサラリーマンをやっていた時には、初動が早いといわれましたこともあります。初動が早いのは、要するに早く動けば済むことなので、個人の意識の問題ともいえるのですが、その業界では初動が早くない、つまり腰が重い人が多いのであれば、その初動の部分をビジネス化できれば、それはお客さまの初動の悪さを逆手にとって、そこだけやってあげて軌道に乗せる、というだけでも良いのかもしれませんが、ひょっとして商売になるのかもしれません。

まあ、それが商売になるかどうかはともかくとして、当人が当たり前のことだと思っていることは、往々にして当人が強みだと思っていないことが多いのです。ちなみにその辺は自分では今でも強みにも思っていないのですが、よく考えると、お客さまから仕事が早くて助かりますというお言葉をいただくこともしばしば。それがお客さまの満足度を高めているのかもしれません。

そのほか同僚の事務作業が遅くてイライラすることも以前の職場ではありましたが、確かにサラリーマンは事務作業が遅くても、労働時間や給料は変わらない(場合によっては仕事の終わりが遅く、残業代がつくので、かえって給与は高いかも、仕事中にもっとパッパと終わせや!)ので、イライラさせる当人は全く困っていません。

しかしながら、会社から一歩出ると、事務作業が進まない人がたくさんいます。それがスラスラできて当たり前というあなたは、そういう段取りが悪い人をお客様にできるのです。ここでいうところの、他人にイライラさせられるところはあなたの強みだと思ってみると、お客様の幅が広がり、ひいては商売の幅が広がるでしょう。それで困っている人が多ければビッグビジネスになるというわけです。

関連記事一覧