BLOG

美容室ブロッサムに学ぶ、サロンの優れたコンセプトの作り方

美容室のブロッサムでは、ウェブサイト上にコンセプトを記載している。参考になるために、サイトから一部を転載させていただくことにする。まずコンセプトとして、経営理念、事業コンセプト、ブランドコンセプトを記載し、最後にこだわりを載せている。

(1) 経営理念・・・創業者の想い

「街に人々に笑顔の花を咲かせる」

「Blossom」という英語には、「キレイに魅力的になる」「元気になる」という意味がある。お客さま一人ひとりを魅力的にプロデュースすることで、つまり魅力的なヘアデザインを提供することで、 お客さまの生活がハッピーになり、まわりの人も笑顔になる。そして地域が元気になる。そんな想いを込めたブランド。花を育てるには、土を耕し種をまくことから始める。蒔かれた種は土の中でエネルギーを貯め、やがてキレイで魅力的な花を咲かせる。もちろん、そこには愛情が必要。ブロッサムのメンバー一人ひとりを愛情をもって育て、やがて花開いたメンバー達が、お客さまの花を咲かせ、街と人々を元気にし笑顔にする。そんな環境を創り続けていくことが、私たちの創業からの変わらぬ想い。

(経営理念から学ぶ点)

会社の名前に、自分の想いが込められているか、一度確認してみよう。

(2) 事業コンセプト・・・経営理念を具現化させる基本的な考え

「ロコライフ・クリエーション」

ロコ(地域)・ライフ(暮らし)・クリエーション(創造)=「ロコライフ・クリエーション〜街に花を咲かせる〜」と言う意味。桜が咲けばお客さまと共に春の到来を喜び、夏祭りがあれば地域とともに風情を楽しむ。最先端の技術は持っているが、地域にあわないもの、お客さまにあわないものは提案しない。 ママから娘へ、娘からその娘へ、ママからパパへ…。何代にも渡り、その地域でお客さまと一生お付き合いできるサロンでありたい。

派手な表現や流行の追求よりも、あくまで自然体。「お客さまらしさ」を提案できるように心がける。美容を通じて地域に新たな価値をお届けし、地域の生活を楽しくする。地域が盛り上がることで、日本全体が明るく元気になる。そんなサロンづくりをしていくことが目標。

(事業コンセプトから学ぶ点)

地域を大切にする姿勢は素晴らしい。店は地域に根付くもの、チェーン展開をしたとしても一つ一つの店は地域に溶け込むものであるはずだ。

(3) ブランドコンセプト・・・事業コンセプトの店舗への展開

「4つのブロッサムブランド」

(a)「大人志向」のためのスタンダードサロン

大人志向とは、流行に流されない、自分らしい魅力を引き出すこと。そして、お客さま一人ひとりのライフスタイルに合わせて提案できる技術と知識。また、マニュアルではない、ケースバイケースの提案。十人十色ではなく、一人十色のおもてなし。さらに、四季折々の風情と生活の変化を楽しむための技術とサービスを追究していく。

店舗名は省略

(b) お客さまタイプ別のこだわりサロン

ブロッサムの中でも、もっともこだわりをもったサロン。お客さまが望まれることを妥協なく追及していく。

常盤台店:大人女性が静かに癒されるラグジュアリーな空間

北上尾店:忙しいママがゆったりくつろぐための隠れ家サロン

(c) 「素材の美しさ」を引き出す

トータルケアサロン

お客さまのもつ「素材(地肌、髪質)」の美しさを引き出すためのトータルケアから始める。

熟練技術者が髪の本質を追究し、カット技術による造形美とトータルスキンケアによる素材美を組み合わせ、お客さま一人ひとりの魅力を最大限に引き出す。

(4) 生活の一部としての、気軽なビューティ

コンパクトな空間にシンプルなメニュー。

それでいて、しっかりとしたカウンセリングと技術。

もっとたくさん来ていただくために、品質と料金の両立を突きつめた。

店舗名省略

(ブランドコンセプトから学ぶ点)

ブロッサムとしての大きなブランドを持ちながらも、地域に合わせた店舗独自のブランドを持っている。

(4) ブロッサムのこだわり

(a) 似合わせへのこだわり 「骨格・髪質・顔立ち×ライフスタイル×カウンセリング」

ブロッサムでは、髪をキレイにすることだけでなく、お客さまがステキになるお手伝いをする。「骨格・髪質・顔立ち」を的確に把握することはもちろんのこと、お客さまの「ライフスタイル」に寄り添い、「カウンセリング」を通して、お客さまに合った似合わせの提案。似合う髪型は1つではない。パーマやカラーで髪を柔らかくみせたり、前髪で印象を変えてみたり、お客さまの考える女性像や気分に合わせて、「あなたらしさ」を演出していく。

(b) 技術のこだわり 「速くて、上手くて、持ちがいい」

お客さまの時間を大切にする。施術時間はもちろん、家でのお手入れ時間の短縮にもこだわる。カット、パーマ、カラーそれぞれの技術のムダをなくし、他店よりも短い時間でしっかり仕上げる。それでいて家でのお手入れは簡単に済むヘアスタイルにこだわる。また、私たちは体に負担をかける美容ではなく、むしろ内面からキレイになってもらいたいと考えており、私たちが目指す「上手い」とは、ケアを含めての技術と知識のクオリティの高さにある。たとえば「スマートエイジング(上手に年齢を重ねていくためのトータルケア)」も一つのテーマ。

(c) 接客のこだわり 「おもてなし」

五感全てを満たす心地よさ、幸せな気持ちになるための心遣い。お客さまがやってほしいことを先まわりして読み、それを上回るサービスを提供したいと考えている。メンバー一人ひとりが、お客さまのためにできることを考え、自分の判断で動く。

(d) 美容商材に関するこだわり 「安心、安全、健康」

私たち自身が実際に使用し、安心・安全を確認した商材を厳選。また、上手に年齢を重ねていくためのトータルケアを提案できる商品にもこだわって提供。

(ブロッサムのこだわりから学ぶ点)

こだわりを書くことでコンセプトがさらに先鋭化する印象を与える。

ここまで詳細にウェブサイトに記載されていると、ついつい真似したくなってくる気持ちも起きるだろうが、一番大切なのはあなたらしさ。そうでないとそのコンセプトは続かないからだ。コンセプトの作り方に関する参考までにとどめよう。

 

なお、ブロッサムのコンセプトは以下に記載されている。

http://www.hairmake-blossom.com/concept/

関連記事一覧