BLOG

Egg’n Thingsのキャンペーンに見る、あらゆるイベントに便乗せよ

Egg’n Things(エッグンシングス)は、ハワイ発のカジュアルレストランで近年のパンケーキブームを作ったお店である。TwitterやInstagram、Facebookを使っている。メニュー自体が全てインスタ映えしている。そのトロピカルな鮮やかさには目を奪われる。

ハロウィンのときには、Instagramキャンペーンとリアル店舗でのキャンペーンを展開した。Instagramキャンペーンでは、Instagramにハロウィンメニューを投稿した中から抽選で10名に特別チケットをプレゼントするというもの。この特別チケットはお好きな料理と飲み物を1品ずつプレゼントしてもらえる。応募方法としては、①Instagramでエッグンシングスの公式アカウント(@eggnthings_jp)をフォローし、②エッグンシングスに来店し、ハロウィンメニューと一緒にふさわしい写真を撮影、③写真にハッシュタグ「#エッグスンハロウィン」「#eggsn_halloween」のいずれかを付けて、応募完了。

リアル店舗でのキャンペーンでは、各店舗で先着1,000名様、合計20,000名に「コナコーヒーブレンド/アールグレイティー」をプレゼントするというもの。

その他のSNS絡みのキャンペーンとしては、限定メニューを注文して、SNSに投稿した場合、次回使えるトッピングチケットをもれなくプレゼントするというキャンペーンもあった。いずれも店に来て撮影することが前提だ。

TwitterやInstagram、Facebookのフォロワー全員に対して、「ホームメイドアップルパイ」や「パイ&ケーキセット」を期間中半額で提供という太っ腹企画もある。

告知としては、多店舗している店ならでは、であるが、店舗限定メニューの紹介、また月限定メニュー、期間限定販売メニュー、季節のおすすめメニュー、そして新作メニューをインスタ映えする画像と共に、ちょっとしたシズルワードも添えて、お知らせしている。

その他、集客につながるキャンペーンとしては、「アニバーサリーパンケーキ」を注文の方先着100名に「オリジナルコースター」をプレゼントという企画もある。そのコースターの柄となる店のロゴデザインがおしゃれかつ、ちょっと有名な店であり、持っていると優越感を感じさせるものであるということが条件ではある。ありきたりながらも、逆にハードルが高い店が多いか。

特にエッグンシングスだけが行っているわけではないが、店の近くで行っているイベント絡みの集客である。例えば、プロ野球の日本シリーズにちなんで、福岡県の天神店にて「日本シリーズの観戦チケット(半券でも可)」を提示するとワンドリンクサービス。横浜マラソン応援キャンペーンとして、ゼッケンなど、マラソンランナーとわかるモノを提示すれば、ワンドリンクプレゼントもある。そもそも近くのイベントで人が集まることがわかっているのだから、イベントの集客にコバンザメのように引っ付かなければ損だ。また、立地次第では、近くの花火大会をぜひうちの窓から。ということもできるだろう。とにかくお祭り騒ぎには便乗すべきだ。

関連記事一覧