BLOG

サガミチェーンに学ぶ、地元ネタ押しまくりで集客を

サガミチェーンは愛知県名古屋市に本拠を置く、和食麺処サガミをはじめとした和食レストランチェーンである。地元に絡めたキャンペーンで満載である。いくつかピックアップして見ていこう。

「お米プレゼントキャンペーン」(2015年11月19日~26日)。JA全農グループとのコラボキャンペーン。和食の日メニュー又は対象商品を注文すると、各店舗先着300名(合計38,400名)にコシヒカリ新米1合パックをプレゼント。また、サガミチェーンのグループ企業である味の民芸で、期間中、ご飯大盛りおかわり無料キャンペーンも実施(2015年10月29日~11月8日)。

「名古屋おもてなし武将隊キャンペーン」(2016年8月31日~10月11日)。名古屋城の本丸御殿のイメージ「豪華」「祝いの場」「宴席」に、織田信長、徳川家康、豊臣秀吉の各武将にちなんだメニューを合わせた和食御膳を販売し、その人気によって真の天下人を決定する企画。それぞれのメニューで各店舗先着60名様にオリジナルポストカードをプレゼント。さらに本丸御殿御前を食べると応募はがきがもらえ、スタンプを集めて応募すると抽選で「武将と行く本丸御殿ツアー」(10組20名様)、外れた方にWチャンスでサガミ食事券2,000円分(100名)、直筆サイン入り武将隊オリジナルポスター(50名)が当たる。なお、キャンペーンの収益の一部は本丸御殿復元のための積立基金に寄付。

「サガミで手羽先フォトコン」(2017年5月15日~6月11日)。家族や仲間とのひとときを手羽先と一緒に写真に収めて、TwitterもしくはInstagram上でハッシュタグ「#サガミの手羽先」を付けて投稿。抽選で30名にお食事券3,000円分を進呈。

「手羽先対決キャンペーン」。人気アイドルグループSKE48とのコラボキャンペーン。手羽先は「タレ」か「塩」か投票を行った。結果、タレ派が55%、塩派が45%となり、タレ派の勝利となった。そこで勝者であるタレ派に投票した方の中から抽選で、A賞:SKEの勝利チームメンバーとの食事ができるイベント招待券を100名に、B賞:キービジュアルメンバーのフォトカード12枚セットを100名に。

「みえ食旅パスポート」(2017年6月23日~2018年1月8日)。三重県とコラボキャンペーン。サガミチェーンは2016年5月25日から3日間開催されたG7伊勢志摩サミットの国際メディアセンターで三重県の食材を使用したそば、うどん等を提供し、世界のメディアに日本や地域の食文化を発信したが、それを踏まえ、スタンプラリーを行った。県内外のサガミ店舗で応募可能。①2エリアで2個以上:サガミへ行こう!コース、サガミ商品券(2,000円分)20名、②2エリア以上で4個以上:(Aコース)伊賀流忍者博物館入場券<10名>、(Bコース)糀プリン(糀屋)<10名>、③3エリア以上で5個以上:(Aコース)勢乃國屋豊恩館「勾玉亭」のバイキングお食事券<5名>、(Bコース)松坂牛入りハンバーグ<5名>、④4エリアで8個以上:(Aコース)ファミリーステイコース<3組9名>、(Bコース)鳥羽deステイコース<2組4名>。さらに、「みえ食旅パスポートサガミ版」を提示するとソフトドリンクをサービス。

また、毎月月末には「晦日そば食べ放題キャンペーン」を行っている。ホームページ上で「ざるそば食べ放題チャンピオン」が公表されており、現在、男性の部(42段)、女性の部(82段)、女性タレントの部で「もえあず」さんが24段となっている。記録を更新した場合、都度、ホームページのざるそば段数と名前を更新しているようだ。

さらにタイミングよく、サガミ48周年とSKE48の10周年記念キャンペーンを開催(2018年4月8日~9月15日)。スタンプ500円ごとに1つ捺印。4と8の付く日はスタンプ3倍。キャンペーン期間中、スタンプ数に応じた賞に応募可能。
賞品1:サガミ48th×SKE48 10thオリジナル箸
賞品2:SKE48劇場公演チケット

手羽先、名古屋武将、そしてSKE48と地元ネタで押しまくりである。地元ネタはホッとさせていい。だから集客につながる。

関連記事一覧