BLOG

成城石井の体験型サービスに学ぶ、これからの集客の仕方

成城石井は、関東地方を中心とした食料品主体のスーパーマーケットチェーン。輸入食料品を多く扱っているところに特色がある。成城石井で取り上げるのは、Instagramへの参加型キャンペーンと、体験型サービスの二つである。

まず、Instagramへの参加型キャンペーンであるが、「自家製お惣菜ランキング決定戦!」(2017年10月10日~10月31日)。成城石井のInstagram公式アカウント(@seijoishii1927)をフォローし、お気に入りの成城石井自家製のお惣菜の写真(成城石井のシールが貼ってある商品が対象)を、ハッシュタグ「#成城石井のお惣菜」「#決定戦」を付けてInstagramへ投稿。抽選で10名様に成城石井の商品券2,000円分をプレゼント。

「もらって嬉しい!誰かにあげたい!#フォトジェニックチョコ・キャンペーン」(2018年1月19日~2月14日)。成城石井のInstagram公式アカウントをフォローし、成城石井で購入した「もらって嬉しい!チョコレート」や「誰かにあげたくなる!チョコレート」の写真をハッシュタグ「#成城石井」「#フォトジェニックチョコ」を付けてInstagramに投稿。投稿した写真の中から男性スタッフが5名、女性スタッフが5枚、合計10枚のベストフォトを選び、その10名の方に成城石井の商品券2,000円分をプレゼント。

「春にみんなで乾杯!#春ワイン・インスタキャンペーン」(2018年3月9日~4月8日)。成城石井のInstagram公式アカウントをフォローし、成城石井で購入した「お花見や集いの席の乾杯ワイン」や「春に似合うワイン」の写真を、ハッシュタグ「#成城石井」「#春ワイン」を付けてInstagramに投稿。投稿した写真の中から「いいね!」の数が多い、上位10名の方に成長石井の商品券2,000円分をプレゼント。

次に、体験型サービスの提供である。「大切な人と一緒に楽しむ魅惑の体験型チョコレートスイーツ」。成城石井で「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」というワインバーを運営しているが、こちらのバーにおいて、期間限定でチョコレートフォンデュ食べ放題を開催。バレンタインやホワイトデーは本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、自分へのご褒美まで多様化し、「モノ消費」から「コト消費」へと志向が高まる中で、家族、恋人や友人等の大切な人との体験を提供するという企画だ。単にチョコレートを渡すだけではなく、チョコレートを囲んで、大切なひとときをおくるというのが、今後、外食を利用する大きな理由の一つになるだろう。

同じく、上記ワインバーで「日曜日のランチワークショップ」を行っている。コンセプトはどなたでも気軽にアートが体験できるランチ付きの体験型講座「おいしい休日」である。
(第1弾)「紙巻オルゴール」の手作り体験。オルゴールならではの美しくノスタルジックな音色を自らの手で奏でることができる。
(第2弾)2017年7月30日開催。フラワーライトの手作り体験。うっとり見惚れてしまうステンドグラスのようなフラワーライトを自らの手で作り、光と食のおいしい休日を体験。
(第3弾)2017年10月1日開催。ブーケのような壁飾り「スワッグ」づくりで草花の繊細な彩りに癒される。
(第4弾)2017年11月26日開催。モチーフの組み合わせで新たな世界を作るコラージュでガラスの小箱を自由に彩る「小さなコラージュボックス」づくり。
概ね食事はAコース:シェフズサラダランチ、Bコース:メインディッシュランチのどちらかの選択制になっている。ちなみに第1回だけはパスタランチの加えた3種類からの選択。

いかにここにしかない、あなたの店でしかできない体験をいかにお客様に提供できるか。それが他の店との差別化につながり、これからの集客に必要な視点となる。

関連記事一覧