BLOG

カラオケ館のキャンペーン~飲食店以上の飲食店~

飲食店じゃなくてカラオケ屋ぁ!と馬鹿にするなかれ、フードメニューの充実は、どう考えてもちょっとした飲食店ではないか。カラオケが歌える飲食店と考えれば、よほど特色のある飲食店と言える。

さて、そんなカラオケ館のキャンペーンである。

カラオケ館公式アプリ、新規入会キャンペーン。①会員登録でルーム料金が割引になる。室量最大50%割引。②BINGOスタンプで毎日ポイントが貯まる。③貯めたポイントでクーポンと交換。さらにもれなく1品フードクーポンプレゼント。

春のドリンクキャンペーン。対象商品を注文につき、サイコロを2回振って出た目数に応じて、1のゾロ目を2回連続でオリジナル茶器。1のゾロ目を1回で光るレインボーコースター、2と3のゾロ目1回で携帯マスコットストラップ。ゲーム性がある。

Nanacoポイント2倍キャンペーン。通常200円ごとに1ポイントのところ、期間中は200円ごとに2ポイント貯まる。

ファミリープランキャンペーン。小学生までのお子様に限り、何名様でも2時間ルーム大無料(但し1ドリンク制)。

カラオケ館レディース限定フードメニューの提供。さらにお子様連れ特典として月~金19時まで未就学児にドリンク+フードをプレゼント。

auチューズデイ。auユーザー限定で、毎週火曜日、ルーム利用料金最大1,200円割引及び飲み放題割が付いている。

VIP会員。5,000円で永久VIP会員になれる。そしてこのVIP会員証でVIPルーム及びファーストクラスルームにて会員優待サービスが受けられる。

カラオケボイスドリンクキャンペーン。のどに優しいハーブエキスや果実エキスが入っており、のどのケアのためのドリンク。Avexが販売しているが、期間中にカラオケボイスドリンクが飲める。

あまり飲食店で時間チャージを取る店は多くはないが、決してない事例でもない。検討してもよい。その代わり、フードメニューを割引する等の別のメリットは必要だ。春のドリンクキャンペーンのような、サイコロゲームで何かメニューをサービスする等の遊びコンテンツは割引クーポンを発行するよりも効果的と思われる。家族連れをターゲットにしている飲食店は、子供割引を積極的に仕掛けてもよいだろう。子供がお得と言うだけで母親の足が向きやすい。

auチューズデーのような、携帯キャリアごとに曜日を決めて、キャンペーンを行うのもよい。auのユーザーにとっては、今日は自分の日のような気がしてくる。Docomo、Softbank、その他格安スマホユーザー等色々と仕掛けられる。今日はガラケーの日でもいいだろう。ユーザーは少ないが、かえって親近感を持ってもらえるかも知れない。客同士でも盛り上がったりして。「あんたもまだガラケー?お互い絶滅危惧種だねえ。」

カラオケはたんに歌を歌うだけのスペースではなくなり、歓送迎会をカラオケルームで開いたり、デートでディナーの代わりにカラオケなんていうこともある。つまりカラオケ屋は飲食店化している。逆に飲食店の方が、普通の飲食店のままでOKなんて時代でもない。当然、高級フレンチでいきなりカラオケはないが、通常の飲食店では、カラオケ屋に負けないエンターテインメント空間を作り出す気持ちでないと、カラオケ屋にも勝てなくなる。そう思わせるカラオケ館のキャンペーンである。

関連記事一覧