BLOG

マルちゃん正麺キャンペーン事務局のSNS戦略―対決で盛り上げよ―

マルちゃんは東洋水産のブランドである。東洋水産本体のTwitterはない。読んで字のごとく、マルちゃん正麺キャンペーン専用のTwitterカウントである。そのため、キャンペーン以外のツイートが全くない。

まずは「ラーメンはごちそうだ!フェス」の開催。ラーメンの写真を撮って、「#ラーメンごちフェス」で投稿すると、人気ラーメン店が作るマルちゃん正麺の「夢の一杯」等の豪華賞品が抽選で合計400名様に当たるというキャンペーン。しかも何回投稿してもOK。当選者は特設WEBサイトでチェックするようになっている。今まで4回行った。

次にマルちゃん正麺の、マルの部分つまり「〇〇ちゃん正麺」に好きな文字が入れられ、そのパッケージをプレゼントしようという企画。

あなたはどちら派コンテンツだが、「【赤】うま辛担々麺」VS「【黒】ごま辛担々麺」のどちらがいいか。フォロー&リツイートで、赤黒温泉ツアーが当たるというもの。その1回目は開発者が付けるキャッチコピー対決。ちなみに黒は「そのコク深さ、まさにブラックホール」。赤は「華やぐ辛さ、レッドゾーン」。赤619票。黒1,134票。

第2回はトリビア対決。「【赤】隠し味の「シナモン」が、実はおいしさの決め手なんです。」「【黒】ぶっちゃけます。実は「白ごま」も(ちょっぴり)入ってます。」赤2,421票。黒2,055票。

第3回は開発者の食べ顔アピール対決。赤と黒それぞれの開発者が上手そうに食べている様子が画像として張り付けてある。最終的には黒5,240票。赤4,524票で「黒」の勝利となった。その後、開発者がコメントを残している。「黒」のコメント。「選んでいただいて本当にありがとうございます!でも、まだまだ「先輩の味を超えた」とは言えないので、これからもどんどんチャレンジしていきたいです!」次に「赤」のコメント。「残念ながら、今回は完敗です。皆さん、常に新しい味も求められていることがわかりました。この対決を糧に、もっと進化できるよう、研究に励んで行きたいです!」

次に正麺の「サラダ冷やし中華」。フォロー&リツイートで、抽選でオイシックス旬の野菜が当たる。ダブルチャンスでオリジナルクオカードもプレゼントというもの。

「あなたはどちら派第二弾」としては、豚骨醤油VS醤油豚骨。今回は2泊3日豪華大分の旅。まろやか湧き水体験か、こってり泥湯体験を味わえる。第1回は見た目対決。「【豚骨醤油】白濁した豚骨スープをベースに、醤油を合わせたまろやかな濃厚スープ!」「【醤油豚骨】醤油濃いめに、ふんだんに浮かんだ鶏油がこってりとしたスープ!」【豚骨醤油】【醤油豚骨】

第2回はスープの決め手!こだわりポイント対決。「【醤油豚骨】ぐいぐい押し寄せるコクの秘密は「みりん」にあり!」「【豚骨醤油】お店のような豚骨の炊出感は、数種類の豚骨エキスの贅沢な合わせ技!」

第3回は、夏の濃厚シチュエーション対決!「【豚骨醤油】きらきら光るビーチで、パラソルの下、潮風とともに!」「【醤油豚骨】たっぷり身体を動かしたスポーツの後、小麦色に焼けた仲間たちと一緒に。」
結果は豚骨醤油5,533票、醤油豚骨4,350票で豚骨醤油の勝利。

今回は開発者のコメントなしで終わっている。このように、ユーザーに投票方式で参加してもらう対決型キャンペーンは、その抽選でもらえる商品も含め、大いに盛り上がるので活用したいところだ。

関連記事一覧