BLOG

亀田製菓のキャンペーンに見る、ちょっとしたことで気分が良くなる。

亀田製菓のキャンペーンには、参加型と応募型がある。それぞれ見てみよう。

まず、参加型キャンペーンとしては、おせんべいパーティで「ダンスダンス振り付けコンテスト」。サイトから曲をダウンロードし、曲に合わせてダンスを行う園児を撮影し、FAXかWEBでエントリー。FAXの場合、動画が入ったテープやディスクを送る。WEBの場合、動画をサイトから送る。審査基準は①元気、②創意、③調和、④ハッピーの4つ。最優秀賞1チーム、図書カード10万円分。はなまる賞3チーム、図書カード5万円分。審査員特別賞1チーム、図書カード3万円分。60周年特別賞10チーム、図書カード1万円分。キラキラ賞45チーム、図書カード5千円分が当たる。また、早期にエントリーした場合、先着200名様に亀田製菓の詰め合わせセットをプレゼントする。子供の意欲を掻き立て、親の自慢心をくすぐろう。幼稚園のかけっこで一等賞をとったら、子供も親も嬉しい。ある企業のホームページに子供が出ただけで親の鼻も高くなるもの。

新こつぶっこ販売に当たり、新しいこつぶっこキャラクターを決定する。そのための投票を行う。投票してくれた方から抽選で、発売前の新こつぶっこ60袋(5ケース)が当たる。キャンペーンサイトにアクセスし、投票。プレゼント応募フォームに必要事項を記載し、応募する。投票と言う意味でこれも参加型に分類した。

次に、応募型としては、WEBフォーム型、ハガキ投函型とソーシャルメディア型がある。まずWEBフォーム型としては、「ターン王子のランチBOXをプレゼントキャンペーン」がある。これはWEBの応募フォームに必要事項を記載し、応募するというもの。賞品として50名様にランチボックスが当たる。ターン王子とはハッピーターンのキャラクターのこと。

加えて、ハガキ投函型では「10月10日は亀田の柿の種の日 トーク&トーク」がある。抽選で合計1010名様に、賞品が当たる。亀田の柿の種シリーズのパッケージ裏面についている★マークを集め、15口でA賞505名様に、どこでもちびちび話せるスタンド(お皿と三脚スタンド及び収納袋のセット)、5口でB賞505名様にちびちび話が進む亀田の柿の種セット(8種類の詰め合わせ)が当たる。

また、応募型のソーシャルメディア型に「LINEポイント10,000名様にプレゼントキャンペーン」がある。亀田製菓のLINE公式アカウントと友達になって、亀田の柿の種を買ったレシートを送ると抽選で10,000名様にLINEポイントをプレゼントする。ゴールド賞が2,500ポイント(50名様)、シルバー賞が1,000ポイント(150名様)、ブロンズ賞が100ポイント(800名様)、ラッキー賞が50ポイント(9,000名様)。

さらに、Twitterのフォロー&RTキャンペーンをいくつか上げると次の通り。①新商品キャンペーンとして、抽選で10名様に特製ラー油と「亀田の柿の種の焦がしラー油風味」をプレゼント。②新潟限定ご当地セット。亀田の柿の種越乃寒梅風味と90gサラダホープのセットを抽選で10名様にプレゼント。③柿の種とピーナッツの比率が3対7の「亀田の柿の種 たっぷりピーナッツ」を抽選で10名様にプレゼント。④全部ハート型の「ハッピーターンFOR YOU」(20袋)とハッピーパウダー1.5倍の「濃いめのハッピーターン」(12袋)を抽選で10名様にプレゼント。あの粉が1.5倍か。常習性が増しそうだ。

最後に、キャンペーンではないが、あなただけのハッピーターンを作るサービスがある。好きな写真をサイト上で張り付けて、その写真の図柄が袋にプリントされたハッピーターンを購入できる。例えば結婚式の二次会等に配るために作る。単価の割に手間がかかると思うが、こういったサービスもファンをハッピーにさせる。有名企業のお菓子の包装に自分の写真が入る。そういうちょっとしたことだが、気分が良くなるものだ。ハッピーターンの魔法の粉のように。

関連記事一覧