BLOG

キッコーマンのキャンペーンに見る、毎日と期間限定における景品の違い

キッコーマンは、ハガキやSNSを使ったキャンペーンや、いわゆる「毎日」キャンペーンを行っている。

 

まず「#朝の豆乳習慣キャンペーン」。内容としては①TwitterまたはInstagramの公式アカウントをフォロー後、②リツイート(Twitterのみ)または朝食+豆乳の写真やコメントを投稿。抽選でJCBプレモカード(1,000円分)が1,000名様に当たる。

 

より具体的には、Twitterで応募する場合、(a)朝食シーン+豆乳の写真をハッシュタグ(「#朝食」「#キッコーマン豆乳」)と共に投稿、(b)ハッシュタグと一言を投稿、(c)公式アカウントの投稿をリツイート、と3種類選べる。Instagramで応募する場合には、朝食シーン+豆乳の写真とハッシュタグを(コピーすればいいようになっている)、投稿欄に張り付ける。Twitterの方が自由度が高いキャンペーンの設計が可能だ。

 

ちなみにコメントとしては例として3つ。①朝はお気に入りの豆乳を飲んで仕事モードに切り替え、②休日の朝はソイラテを作ってまったり読書、③朝食のスープに+豆乳。まろやかになって美味しい。参考になる投稿事例を示し、さらに既に投稿された「みんなの投稿画像」の一部をサイトに掲載している。

 

次に「2018年デルモンテではじめよう!カラダにイイコトキャンペーン」。バーコード3枚で「カラダにごほうびグルメコース」100名様に47CLUB×リンベル路コース(グルメギフトカタログ)。バーコード2枚で「カラダをサポートヘルシーコース」200名様にタニタ手首式血圧計。そして外れた方から抽選で「デルモンテ 食塩無添加トマトジュースまたはHEALTHY GARDEN(クランベリー&ざくろ)」1ケース200名様にあたる。こちらはハガキによる応募。

 

「レシートで応募!ためして減塩キャンペーン」。減塩シリーズの対象商品お買い上げのレシートをハガキで応募、あるいはスマホで写メして、QRコードでサイトを呼び出して、レシート画像添付でサイトへ送る。商品は「ヘルシーコース タニタ手首式デジタル血圧計(100名様)」、「キレイコース MARKS & WEBバスギフトセット(100名様)」、「美味しいコース グルメカタログギフト(100名様)」。

 

また「毎日がデルモンテ!キャンペーン」。これはInstagramで画像を投稿するだけで応募完了のオープンキャンペーン。毎月1名様にデルモンテの飲料が1ケース(食品無添加トマトジュース900g12本セット)当たる。これは毎月テーマを変えて行っている。ちなみに2月のテーマは「朝食」。

 

具体的にはInstagramで2つの公式アカウントをフォロー。@kikkoman.jp、@delmonte365_kikkoman、毎月のテーマに合わせてトマトジュースを撮影し、ハッシュタグ(#キッコーマン、#デルモンテ365、#掲載OKと当月のテーマのハッシュタグ)を付けて投稿。ちなみに当選した1名の写真をキッコーマンのデルモンテ特設サイトの365カレンダーに1日1枚、当選者の画像が掲載される。

 

キャンペーンではなく一種のイベントだが、ケチャップ・アートを楽しむ企画がある。パンにきれいにデコレーションをして、自信作ができたら「#ケチャパン」を付けて、Instagramでシェアをするという企画。

 

毎日キャンペーンの場合には自社製品を商品とし、期間限定のキャンペーンとしては他社ブランド(ギフトカード含む)を活用する。自社製品の購入を応募の条件としている場合と、オープンキャンペーンとして自社製品の購入を条件としない場合を使い分けている。画像の投稿には、概ね自社製品を購入することを前提としている。また、毎日キャンペーンを仕掛けることで、毎日既存顧客あるいは潜在顧客をキッコーマンに関わらせることで消費者における自社製品のマインドシェアを高め、ひいては他社との商品と比較して、自社商品を選択させる可能性を高めている。そのためにこそ、毎日キャンペーンは有効なのだ。

関連記事一覧