BLOG

ジョージアのワクワクTwitterに見る、キャンペーンやコンテンツは工夫次第

大相撲2018年の1月場所で栃ノ心が優勝して、それ以来、どうしてもジョージアが気になって仕方がない。当然、ジョージアも栃の心優勝で、おめでとうのメッセージと、きちんとジョージアを本人に届けている。缶コーヒーのジョージアは日本コカ・コーラ株式会社の一ブランドであるが、親のSNSもすごけりゃ、子もすごい。

昨日2月4日で終了したものの、長くやっているブランドであれば、「復刻してほしい缶コーヒー選手権」が開催できる。Twitterでは告知のみ、①#全部知ってる、②#半分以上知ってる、③#知ってるのもある、④全部初めて見た、の4択でツイート。応募はLINE公式アカウント、もしくはCoke ONアプリ、投票するたびに日本全国ご当地限定ジョージア5本セットが当たる。

他の4択コンテンツは、佐藤ノアさん、生田佳那さんのTwitterアカウントのキャンペーン対象投稿の動画を見て、クイズの回答を選択肢から選んでツイートすると抽選で100名様にお二人のサイン入りブロマイド写真やオリジナルパーカー、スマホリング等が当たる。

このお二人のキャンペーンとしては、クリスマスに、「ジョージアエスプレッソブレンドを何色の靴下に入れた?」サンタに「心温まるギフトが欲しいと手紙を誰に送った?」というもの。なお景品は同上。

サイン入りブロマイド写真のキャンペーンとしては、昨年の勤労感謝の日には喜屋武ちあきさんが、待ちに待った金曜日に「#リラックスしたい」「#シャキッとしたい」でツイートさせ、プレゼントというものもあった。

キャンペーンではないが、①ルーレットGIF占い。②クイズ(ジョージアファインビターは1990年代生まれ?→いいね。2000年代生まれ?→RT)。③他のクイズ(1996年にジョージアクリアテイストが発売されたが、その年に登場したものは?たまごっち→いいね。携帯iモード→いいね)。④テレビCM等の画面でコーヒー缶のみを塗りつぶして、これ何のCMだ?(実際キャッチフレーズを見れば答えが書いてある)。⑤「ジョージア・ル・カフェ」は1998年生まれ、20年前にあなたは何してた?思いをはせて懐かしくなった人は「リツイート」!こういうのは、別に意味がないんだけど、RTしちゃうんだよね。自然にのめり込ませるコンテンツ作りは大事。⑥のめり込み系と言えば、元旦のツイートは「今年もジョージアと頑張るぞ!という人はリツイートだワン!」でワンちゃんがエメラルドマウンテンを叩くそぶりを見せるGIF動画。これも心をくすぐる。

これは大掛かりだが、ゲームコンテンツ『ブラジルアドベンチャー』がある。これはジョージア公式のTwitterアカウント、あるいはfacebookアカウントのキャンペーン対象投稿から、「ジョージアブラジルアドベンチャー」をプレイし、ブラジルの秘境に隠された自販機を見つけ、7か所のブラジルの秘境に隠された自販機を見つけ、ブラジルブレンドを入手。ゴールまでたどり着くと、応募時フォームが表示され、必要情報を入力して応募完了。ゲームの感想をツイートすると応募口数が二口となる。ストーリーは3つ用意されており、ゴールをすると「ジョージア ブラジルブレンド7本セット」が抽選で当たる。7つのお宝さがし、コーヒーと玉の違いはあるが、まさにドラゴンボールだ。

このようにジョージアのTwitterは参加型コンテンツやキャンペーンづくし、である。アドベンチャー系のコンテンツは一見大掛かりに見えるが、例えばフランス地方料理、アルザス、ブルゴーニュ、ブルターニュ、ロワール、地中海、ミディ・ピレネー、ノルマンディー等、それぞれ〇〇風と名付け、何週間かに分けて、フランスの地方料理を食べつくそう、として、スタンプラリーを行い、7つのスタンプを集めたら、本キャンペーン特製ボスメニュー(スペシャルメニュー)のご提供、みたいなことはできるだろう。一度はまると全部そろえたくなるのが、スタンプラリーキャンペーンの威力だ。

ジョージアは1975年に発売されて以降長く続いているブランドだから、このように色々と仕掛けられる、歩んできた歴史があるから復刻キャンペーンもでき、各年代で自分ゴト化できる、というのであれば、日本料理、中華料理、フランス料理、イタリア料理、ラーメンだって、もっと深く、長い歴史がある。そもそも人が生まれてきたからには、何かものを食べてきているはず。掘り起こしさえすれば毎日キャンペーンができるくらいにネタには事欠かない。食は自分ゴト化しやすい。何事も工夫次第と言うことだ。

そういえば、ジョージアのエメラルドマウンテンブレンドを会社で箱買いしていたんだよな。さっそく飲もう。飲んだ人はRT!あ、これTwitterじゃないんだっけ。ちょっとやりずらい。残念・・・。

関連記事一覧