BLOG

不二家のキャンペーンに見る、共感力の時代

不二家は頻繁にキャンペーンを行っている。

 

まずは毎月抽選型キャンペーン。①ポップキャンディプレゼント。WEBよりアンケートに答えてくれた方から毎月抽選で12名様に「容器入りポップキャンディ」をプレゼント。アンケートの内容は「ポップキャンディにおまけがつくとしたら何がいい?」「ポップキャンディはどのようなときに食べるか?」。これらのアンケートは商品開発に生かせるだけでなく、採用されたら、提案した人は自慢できる、いわゆる「オラがポップキャンディ」というものになる。さらにどのようなときに食べるか、意外な回答があれば、ポップキャンディの打ち出し方も変わる。具体的に七五三にポップキャンディをなめるという回答が多かったら、七五三に千歳飴とポップキャンディを売り出すこともあるだろう。

 

別の毎月抽選型キャンペーンとしては②「ネクターファンからのお便り募集」。ネクター(いわゆる桃ジュース)に対する意見やネクターを使った美味しいレシピ等WEBから投稿すると、毎月抽選で5名様に図書カードをプレゼント。その他、毎月抽選アンケート型として「チョコっとアンケート」(チョコレートのLOOKを抽選で10名様に10個プレゼント)や「カントリーマアムのあなたのご意見大募集」(毎月抽選で10名様に「不二家のお菓子詰め合わせ」をプレゼント)がある。いずれも応募はWEBフォームから。

 

次に期間限定キャンペーン。③「LOOK4つの誘惑 迷えるしあわせキャンペーン」。期間は2017年9月5日から12月31日まで。毎月625名、合計2,500名におしゃれなルックオリジナルグッズが当たる。現在進行形のキャンペーンとしては④「ナッツで!カカオで!毎日イキイキ!キャンペーン」。期間は2018年2月13日から6月30日まで。そもそも「毎日イキイキ!」とは、不二家のブランドで、商品としては「ピーナッツチョコレート」「アーモンドチョコレート」「毎日カカオ70%」「ハートチョコレート(ピーナッツ・アーモンド)」等がある。ピーナッツやカカオにはリラックス効果や体を元気にする効果があるらしい。景品は豪華だ。4口応募でエアウィーブのマットレス(20名)、2口でJTB旅行券2万円分(20名)、石渡商店の「ふかひれ濃縮スープ」、1口でダロワイヨのパールマカロン(300名)、ペコちゃんオリジナル石鹸とタオル(600名)。いずれも応募はハガキから。実は一番最後のペコちゃんオリジナルが一番欲しい気がする。

 

そして、「店頭ペコちゃんの衣装デザイン大募集」。このキャンペーンは応募者が手間暇かかるし、さすがに絵心がないと難しいが、応募者全員に参加賞として「限定壁紙」をプレゼント。審査員特別賞として4名にお菓子の詰め合わせ(3,000円相当)。1名のみペコちゃん賞として、全国のペコちゃんが応募者の考えた衣装を着用するだけでなく、その衣装を着たペコちゃん人形、さらにお菓子の詰め合わせ(3,000円相当)をプレゼントするというものだ。

 

以上のように毎月アンケートと絡めたキャンペーンの取り組みの他に、自社商品を購入してくれた方に抽選で魅力的な賞品が当たるキャンペーン、さらに、ペコちゃんの衣装デザインが採用されるというような、不二家という有名ブランドの一員になれる企画がある。

 

飲食店においても、毎月認知させ続けるためのキャンペーンや、来店客にしか味わえない特典としてのキャンペーン、そしてメニュー開発等も客から意見を募集してみよう。常に客にとって「オラが店」になってもらい、親近感を持ってもらうことが大切なのだ。ひたすらシェフが自慢の料理を食べさせるという意識は捨てたほうが良い。当然、シェフの調理技術力を否定するつもりはないし、それを売りにしても構わない店もある。美味しさで差別化できない時代であるということであり、お客から共感を得ることの方が大切な時代になってきているのだ。

関連記事一覧