BLOG

お客さまが喜ぶことがどんなことか考えればサービスが見えてくる

そもそもすべてのビジネスはお客さまが持っている問題を解決するためにあります。そしてお客さまが喜ぶこととは、どんなことでしょうか。その前にお客さまが解決してほしい問題とはどんなものかを次にあげてみましょう。

(1) お金の節約になる。あるいはお金を生む。

(2) 時間の節約になる。あるいは無駄をなくす。

(3) 満足感や喜びをもたらす。気持ちを明るくする。

(4) 痛みや苦しみ等のマイナスの感情を和らげる。

 

では、一つ一つ細かく見ていきましょう。

(1) お金の節約になる。あるいはお金を生む。

みんな安い値段には飛びつきますね。同じものを買っても手元に残るお金が増える。素晴らしいことです。不動産投資、証券投資、仮想通貨等に興味や関心を持つ理由は、お金を生んでくれるからです。

(2) 時間の節約になる。あるいは無駄をなくす。

QBハウスさんは安いだけでなく、待ち時間が短いのもいいですね。ビジネスにおいても、手間が減る等、同じものを提供するにも、時間がかからなければ、それもうれしいですね。単純に残業が減るだけでも得をした気分になります。サビ残ならなおさらです。

(3) 満足感や喜びをもたらす。気持ちを明るくする。

ディズニーランド等のテーマパークは、なんであんなにお金を使ってしまうのか、と言いますと、やはり満足感や喜びを得られ、気持ちが明るくなるからでしょう。仕事帰りに新橋で一杯。日頃の上司の悪口でも酒のつまみにしながら、その時だけの喜びに浸ります。翌日、また悪口のネタが貯まっていきますが。

(4) 痛みや苦しみ等のマイナスの感情を和らげる。

歯医者に行くのは、歯が痛み、その痛みから解放されたいからですね。人生悩みカウンセリングも、人生の苦しみ(仕事なのか、恋愛なのかはさておき)といったマイナスの感情を和らげてくれます。占いも同じですね。現在の悩みや将来に対する悩み等を打ち明け、それに対する何らかの解決方法を提示してくれるだけでもほっとする時があります。

 

上の4つのことをもう一度自分に問うてみましょう。

自分のスキルの中で、「お金の節約になる。あるいはお金を生む」モノはないか?「時間の節約になる。あるいは無駄をなくす」モノはないか?お客さまに「満足感や喜びをもたらす。気持ちを明るくする」モノはないか?お客さまにとって「痛みや苦しみ等のマイナスの感情を和らげる」モノはないか?

 

以上のことを考えていくと、お客さまに対する解決策が見つかります。見つかったら、それをビジネス化しましょう。これら4要素と自分のつながり(提供できるサービス)を知ることが、売り手市場を作る第一歩です。

 

関連記事一覧